卒園式の服装にコサージュはつける?色やマナーなどについて

   

春が近づいてくると卒業のシーズンがやってきますね。

卒業式などは子供が大きくなるとあまり行かなくなるものですが、
一番最初にやってくるのが幼稚園の「卒園式」ですね。

この卒園式ですが、ママさんはどんな服装にするか結構迷うものです。

もちろん子供が主役なのですが、母親としてのコーディネートもちゃんとしておかないと・・・。

今回はそんな卒園式の洋服のコーディネートやコサージュなどのマナーについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


卒園式の洋服のコーディネートは?

卒園式はあくまで子供が主役なので、コーディネートとしてはあまり派手なのはNGです。

派手目なコーディネートをする方もいるようですが、
周りからの印象はあまりよくないのでやめておくのが無難です。

基本としては、色は暗めの色のスーツなどで清楚な感じでコーディネートするといいでしょう。

また、ワンピースや着物を着る方もいらっしゃいます。
ただ基本としては同じで派手にならないようにします。

スーツだけでは地味かなぁ?と思うのなら、
コーディネートにアクセントをつける意味でコサージュがおすすめです。

卒園式のコサージュの色やマナーについて

スーツにコサージュをつけるとして、
スーツの色は基本は黒などの地味な色になります。

スポンサードリンク

そこで派手になりすぎないようにアクセントとしてコサージュをつける方が多くなっています。

逆にスーツだけでなにもつけないとかなり地味になってしまいますので、
コサージュはつけたほうがいいでしょう。

色としてはスーツが暗い色ということもあって、
白やうすピンクなどの明るい色に人気があります。

他にはベージュ系なども多いようですね。

逆にやめておいたほうがいい色としては、
赤、青などの原色系、金や銀などがあります。

なるべく淡い色がいいでしょう。

次にコサージュをつける場所ですが、
特に決まりはないのですが、左側につけるのが一般的のようです。

胸より上の鎖骨のあたりにつけるのがいいようです。

一応、コサージュにもマナーがあり、
布製のカジュアルなコサージュは卒園式にはあまり適していません。
コサージュもフォーマルなものにしましょう。

コサージュ以外にアクセサリーをつけたいのであれば、
パールがおすすめです。

ダイヤモンドなどの派手なアクセサリーはやめておきましょう。

まとめ

卒園式の主役はあくまで子供なので、
お母さんとしては基本地味めなコーディネートで、
アクセントとしてコサージュなどで主張する、といった感じがいいでしょう。

スポンサードリンク

 - 行事 , ,