風邪で熱がある時にお風呂はNG?OKな条件と注意点について

   

風邪が多くなる季節になりましたね。

風邪はなかなか治りにくいものですが、
一番困るのは「お風呂」です。

風邪で熱が出てしまった場合などはお風呂に入ってはいけない、
といった話はよく聞きますよね。

ただ、部屋で治るまで寝ているのならいいのですが、
仕事に行かないといけない場合などはお風呂に入りたいものです。

そこで、風邪で熱がある時のお風呂について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


風邪の引き始めの場合

まずは風邪の引き始めの場合です。

風邪の引き始めは免疫力が下がっている場合が多いので、体を温める事が必要です。
そのため、お風呂は湯船で温かいお湯につかるのがいいでしょう。

ただ、風邪を悪化させてはいけませんので、
入浴の際には注意して入ってください。

注意するポイントとしては、
まず浴室や脱衣所などを暖かくしておきます。

脱衣所などは寒いことが多く、風邪をひく原因となっています。

また、熱いお湯に入ると体力を使うので、ぬるめのお湯に入るようにします。

スポンサードリンク

そして、洗髪をした場合などはよく髪を乾かして、
湯冷めしないようになるべく早く寝るようにします。

お風呂がNGな場合について

ではお風呂に入らないほうがいい場合についてです。

まず高熱の場合です。
体温が38度以上ある場合はお風呂は避けましょう。

また、下痢をしていたり、悪寒や倦怠感などがある場合も避けたほうがいいでしょう。

また、シャワーで済ますのもやめておいたほうがいいです。
シャワーだと体の表面しか温まらないので湯冷めをしやすくなります。

足湯はやっても大丈夫?

次は足湯についてです。

お風呂に入るのは体に負担がかかる場合などは
足湯でも体を温める効果があります。

足湯の場合は普通のお風呂よりも少し温度を高めにします。
また、足湯をしている間にお湯の温度が下がらないように差し湯をするといいでしょう。

足湯でも湯冷めすることがあるので、足湯の後はすぐに寝るようにしてください。

まとめ

入浴することは実はかなり体力を使いますので、
高熱などで体力が消耗している場合などは避けたほうがいいでしょう。

風邪の引き始めなど、まだ体力があるうちに入浴で体を温めて、
早めに治すのが理想です。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,