長崎ランタンフェスティバル2016の日程・見どころと混雑状況について

   

すっかり寒くなってきましたね。

こんな寒い時期でも全国各地で楽しめるお祭りが開催されています。

この時期に長崎で有名なのが
長崎ランタンフェスティバル
です。

長崎ランタンフェスティバルは、
新地中華街周辺に住んでいる唐人(中国人)の春節祭(旧正月)が起源です。

イベント中には、長崎市内の各所に1万5千個のランタンが灯され、
中国の春節祭さながらに多くの催し物でにぎわいます。

今回はこの長崎ランタンフェスティバルの日程・見どころや混雑状況などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


長崎ランタンフェスティバルの日程・アクセスについて

2016年の長崎ランタンフェスティバルの日程は、
2月8日(月)〜2月22日(月)
となっています。

ランタンの点灯時間は、
初日の2月8日が18時〜22時まで、
その後は17時〜22時までとなっています。
(新地中華街会場、浜んまち会場、中央公園会場は12時~22時)

主な開催場所は
・新地中華街
・中央公園
・唐人屋敷
・興福寺
・鍛冶市
・浜んまち(浜町アーケード)
・孔子廟
となっています。

会場へのアクセス(新地中華街)は
電車の場合、
長崎駅から路面電車(1番系)で「築町駅」下車から徒歩1分
長崎駅南口から長崎バス「長崎新地ターミナル行き」でバス停「長崎新地ターミナル」下車から徒歩2分
車の場合、
長崎自動車道「長崎IC」から「ながさき出島道路」を利用して、出口からすぐ
となっています。

駐車場は、会場周辺のコインパーキングなどの有料駐車場を利用することになります。
平日なら満車になることはあまりありませんが、
週末は会場に近いところから満車になります。

一番混雑する新地中華街周辺を避ければ駐車場を見つけることができると思います。

長崎ランタンフェスティバルの見どころは?

長崎ランタンフェスティバルは長崎駅を中心にいくつかの会場で開催されます。
各会場で特徴や見どころがあります。

新地中華街

長崎ランタンフェスティバルのメイン会場です。

新地中華街は、一年を通して中国の街並みを楽しめる場所で、
昼の12時からランタンが点灯し、春節にちなんだ料理や正月飾りなどの販売があります。

また、食べ歩きができる屋台が多く出店しています。

2月8日の点灯式があり、湊公園の特設ステージでは期間中は毎日イベントが開催されています。

見どころとしては、
点灯式の他、「皇帝パレード」「媽祖行列(まそぎょうれつ)」など、
中国の伝統衣装をまとった人たちが練り歩くパレードがあります。

中央公園

公園中にたくさんのランタンが飾られています。

こちらも2月8日に点灯式があり、毎日多くのイベントが開催されます。

スポンサードリンク

見どころとしては、
会場が公園のため、比較的混雑しないため、写真撮影などに向いています。
また、子供が喜ぶ動物のオブジェもあり、家族向けとなっています。

唐人屋敷

異国情緒がある場所で、幻想的な雰囲気を楽しむことができます。

土日を中心に踊りや胡弓の演奏のイベントが開催され、
「ロウソク祈願四堂巡り」
が人気です。

興福寺

お寺がたくさん並ぶ「寺町」にあり、
新地中華街とは違った雰囲気が楽しめます。

ランタンの数はそれほど多くありませんが、混雑しないため、
ゆっくりと観覧できます。

浜んまち(浜町アーケード)

普段は商店街となっているところで、期間中はランタンが飾られます。

アーケードの天井に数多くのランタンがつるされています。

路上でパフォーマンスなどのイベントが開催されます。
各種パレードはこの会場を必ず通ります。

見どころとしては、
浜んまちの「月下老人」のランタンオブジェ
です。

月下老人は、「運命の赤い糸」の起源となっていて、
特製の「赤い糸のお守り」が販売されています。

縁結びの祈願をする方も多い場所です。

孔子廟

本場中国の雰囲気がそのまま楽しめる場所で、
孔子のランタンオブジェも登場します。

踊りや音楽の演奏などのイベントが開催され、
「中国変面ショー」が人気です。

崇福寺

寺町の近くにあるお寺で、
2月22日(月)17時30分から「元宵団子」が先着500名に配布されます。

「元宵団子」は旧暦の1月15日(2016年は2月22日)
に食べて幸運を願うという中国の風習からきています。

中島川公園(眼鏡橋)

長崎の名所となっている橋ですが、
夜に川の水面に反射するランタンが見どころです。

ベルナード観光通り

2月14日、21日の朝10時から手作りランタンコーナーが開設され、
子供に人気があります。

また、期間中の金・土・日曜日にはオリジナルグッズが販売されます。

混雑状況について

長崎ランタンフェスティバルは、主に7つの会場で開催されますが、
その中でも「新地中華街(湊公園)」「中央公園」は毎年かなり混雑します。

ランタンが点灯される夕方以降は混雑してきます。
そのため、ゆっくり楽しみたいのであれば昼間がおすすめです。
(ランタンは点灯されませんが、イベントや屋台などは楽しめます)

また、食事なども混雑するので事前に予約しておくといいでしょう。

各会場で行われるイベントも開催中は混雑しますので、
見たいイベントがあるのなら、早めに会場にいって場所を確保しておくことをおすすめします。

パレードは出発地点と到着地点が混雑するので、
混雑を避けるのであれば途中のルート上でパレードを見るようにするといいでしょう。

スポンサードリンク

 - 観光