風邪と花粉症の症状は違う?見分け方と飲む薬について

   

冬が終わると春がようやくやってきますが、
同時にやってくるいや〜なやつが
花粉症
です。

鼻水が出たり、ずっと鼻づまりだったり・・・。

ただ、季節の変わり目になると風邪もひきやすくなります。

風邪の症状と花粉症の症状は似ているところがあるので、
あ〜もう花粉症かぁ・・・と思ってたら風邪でした、
ということもあったりします。

そこで、風邪と花粉症の症状の違いと見分け方
そして治すための薬について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


風邪と花粉症の違いは?

そもそも、風邪と花粉症では根本的な原因が違います。

まず花粉症は、スギやヒノキなどの花粉によるアレルギー反応が原因です。
逆に風邪の場合は、ウイルスの感染が原因ですね。

花粉症の症状は風邪の初期症状とよく似ています。
そのため、判断がつきにくくなっています。

まず風邪の症状ですが、
・鼻水(色が濁っている)
・鼻づまり
・喉の痛み
・頭痛
・発熱
・悪寒
・嘔吐
・下痢
などがあります。

花粉症の症状としては、
・鼻水(無色)
・鼻づまり
・目の痒み
・くしゃみ
となっています。

スポンサードリンク

鼻づまりは両方とも共通していますが、
鼻水は色である程度判断できますし、
喉の痛みや頭痛・悪寒などは風邪の症状のみで、
目の痒みやくしゃみは花粉症の症状なので、
この辺りの症状があるかどうかで判断できます。

風邪と花粉症で飲むべき薬について

当然ですが、風邪薬を飲んでも花粉症には効果がない場合が多くなります。
逆も同じですね。

ただ、風邪薬といっても風邪そのものは治りませんので、
風邪の症状を抑える薬になります。

一般的に風邪薬は風邪の症状を抑えるものなのですが、
風邪と花粉症に共通する症状である鼻水・鼻づまりの場合は、
効果がある場合があります。

風邪は症状別に薬がありますが、鼻風邪用の薬だと花粉症の症状に効果がある場合があります。

時々、花粉症か風邪か判断できないので、風邪薬と花粉症の薬を両方飲む方がいるようなのですが、
これらの薬には、抗ヒスタミン薬や血管収縮薬が含まれていることが多く、
併用すると血中濃度が上がり副作用を生じる可能性が高くなるため、
やめておいたほうがいいでしょう。

もし症状が鼻水・鼻づまりだけで判断がつかない場合は、
鼻風邪用の風邪薬を飲んでみて様子を見るのがいいでしょう。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,