アパートとマンションの違いは?防音性が高いのはどの構造?

   

年度末になると引越しが増えてくる時期になります。

引越しとなるとまずは部屋探しですね。
部屋探しといっても、部屋にはアパートやマンションなど、いろいろな種類があります。

アパートやマンションといった言葉は聞いたことがあると思いますが、
正確な違いは何か?と聞かれても答えられない方も多いんじゃないでしょうか。

今回はこのアパートとマンションの違い
そして、部屋探しで気になる防音性が高い構造などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


アパートとマンションの違いは?

さて、アパートとマンションの違いなのですが、
実はちゃんとした規定があるわけではないようです。

不動産屋さんがマンションといえばマンションになるし、
アパートといえばアパートになります。

わりといい加減だったんですね・・・。

ただ、例えば何でもかんでもマンションと言っていいわけでもなく、
一応基準らしきものはあるようです。

一般的に「アパート」は、
木造や軽量鉄骨造の準耐火・低層物件
のことを表します。

「マンション」は、
鉄骨鉄筋コンクリートや鉄筋コンクリート造などの耐火構造の集合住宅
のことを表します。

だいたいの分け方としては、木造ならアパート、
鉄筋ならマンション、といったところでしょうか。

他にもハイツやコーポといった呼び方もありますが、
ハイツは「高台」という意味で、コーポは「共同住宅」という意味です。

スポンサードリンク

アパートやマンションという分け方とはまた別ですね。
(マンションでハイツというのはあまり聞きませんが・・)

防音性の高い構造はどれ?

ここでは気になる防音性についてです。

アパートとマンションではマンションのほうが防音性は高いんだろうなぁ、
というイメージはありますが、実際はどうなのでしょうか。

マンションとアパートの定義がはっきりしないのでなんとも言えないところですが、
木造と鉄筋コンクリートなら鉄筋コンクリートのほうが防音性は高くなります。

防音性が高いかどうかは木造や鉄筋などの構造もありますが、
壁の厚さも関係します。

音を吸収するには重量が必要なので、木造のほうが防音性が低いのですが、
鉄筋コンクリートでも内装があまりしっかりしていないと、
防音性が低いところもあるようです。

アパートとマンションのどちらがいい?

アパートとマンションならマンションのほうがいい!
という印象はありますが、マンションのほうが家賃が高い場合が多くなっています。

そこで、アパートとマンションのそれぞれの特徴を挙げてみます。
どちらがいいかの参考になるかと思います。

マンション

・鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリート造の耐火構造
・高層住宅が多い
・遮音性が高い
・家賃が高い
・エレベータがある
・管理費が高い

アパート

・木造、軽量鉄骨造の準耐火構造
・2階建て以内が多い
・家賃が安い
・エレベータがない
・管理費が安い

こう見ていくと、やはりコストが問題になりますね。
コストの許す範囲内で、どれだけ条件を満たせられるかになりそうです。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,