二十四節気とは?2016年の日程と意味について

   

ニュースなどでたまに聞くのが「暦の上では・・・」
というフレーズ。

例えば、
今日は「立春」で「暦の上では春です」
みたいな話はよく聞くと思います。

これは「二十四節気」と呼ばれるもので、
春夏秋冬の四季をさらに細かく分けたものです。

とはいえ、旧暦で決まっているものなので、
実際の季節とはちょっとずれるんですよね。
(立春と言われてもまだまだ寒い・・・)

今回はこの二十四節気の日程と意味などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


二十四節気とは?

二十四節気は「にじゅうしせっき」と読みます。
これをさらに3等分した七十二候(しちじゅうにこう)というものもあるようですが、
こちらはここでは触れません。
(あまりメジャーではないですし)

これは四季を細かく分けて表現することで、
昔の人が農業を行う時の目安としていたようです。

二十四節気の日程は、旧暦がもとになっているので、
毎年同じ日というわけではないようです。

二十四節気の2016年の日程と意味は?

では時期的に立春から始めます。

・立春(りっしゅん)
文字通りこの日から春になる、という日です。
2016年は2月4日です。

・雨水(うすい)
雪や氷が溶けて水に変わる季節という意味で、
2月19日になります。

・啓蟄(けいちつ)
越冬を終えた虫たち(蟄虫(ちっちゅう))が土の中から出てくる季節という意味で、
3月5日になります。

・春分(しゅんぶん)
おなじみ昼と夜の時間が同じになる日です。
今年は3月20日です。

・清明(せいめい)
中国でご先祖様のお墓参りをする、お盆と似た年中行事の時期です。
4月4日になります。

・穀雨(こくう)
穀物を潤す恵みの雨が降る時期という意味で、
4月20日になります。

・立夏(りっか)
夏が始まる日で今年は5月5日です。

・小満(しょうまん)
日差しが良い陽気で、万物が成長し天地に満ち始める季節と言われています。
5月20日になります。

スポンサードリンク

・芒種(ぼうしゅ)
稲や麦などの種まきにいい時期とされています。
6月5日になります。

・夏至(げし)
一年で最も昼が長い日です。これは有名ですね。
今年は6月21日です。

・小暑(しょうしょ)
暑さが本格的になる時期です。
7月7日になります。

・大暑(たいしょ)
一年で最も暑い時期です。
7月22日になります。

・立秋(りっしゅう)
秋が始まるという日です。
8月7日になります。

・処暑(しょしょ)
暑さが収まる時期という意味で、
8月23日になります。

・白露(はくろ)
夜の間冷え込み、草に白い露が見られる時期です。
9月7日になります。

・秋分(しゅうぶん)
昼と夜の時間が同じになる日です。
2016年は9月22日です。

・寒露(かんろ)
この時期に野草につく冷たい露のことを意味します。
10月8日からです。

・霜降(そうこう)
本格的に霜が降りる時期です。
10月23日になります。

・立冬(りっとう)
冬が始まる日です。
11月7日になります。

・小雪(しょうせつ)
冬の訪れを告げる雪が降り始める時期です。
11月22日になります。

・大雪(たいせつ)
雪が本格的に降る時期です。
12月7日です。

・冬至(とうじ)
一年で最も昼が短い日です。
2016年は12月21日です。

・小寒(しょうかん)
寒さが本格的になる時期です。
ここからは2017年になり1月5日です。

・大寒(だいかん)
一年で一番寒さが厳しい時期です。
1月20日になります。

まとめ

二十四節気をまとめましたが、旧暦がもとになっているため、
現在の季節とはちょっとずれてるんですよね。

そのためか、現在は話のネタぐらいにしか使われていないようですね。

他にも土用の丑の日の「土用」「彼岸」「八十八夜」などは二十四節気ではなく、
「雑節」と呼ばれるもののようです。

スポンサードリンク

 - 季節