自転車の傘さし運転はNG?どうしてもしたい場合はどうする?

   

普段、通勤や通学に自転車を使っている方は多いと思います。

自転車はいろいろと便利なのですが、
一番やっかいなのが「」ですよね。

雨の日は自転車に乗らないのが一番ですが、
そうも言ってられない場合もありますよね。

わざわざレインコートを着て自転車に乗る・・・というのも面倒なので、
こういう場合は傘さし運転をしたくなってきます。

ただ、この自転車の傘さし運転は問題があるんです。

今回はこの傘さし運転のNGな点と代替案について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


自転車の傘さし運転はやってはだめ?

まず自転車の傘さし運転ですが、結論から言うと、
やってはいけません」。

理由はいろいろあるのですが、
一番の理由は片手運転になってしまうことです。

片手運転だと、
・ブレーキが遅れたり、かけられなくなる場合がある
・ハンドル操作がおぼつかなくなる
といった理由で危険とされています。

とはいっても、少し前までは普通に傘さし運転をしていたと思うのですが、
最近になって道路交通法で禁止されました。

道路交通法で禁止されているので、
警察による取り締まりの対象となってしまうんですね。

そのため、傘さし運転はやらないようにしましょう。

どうしても傘さし運転をしたい場合は?

そうはいっても、傘さし運転しないと、
雨の日は外出できない・・・という人もいるかと思います。

そんな場合には、
傘を自転車に固定するホルダー
というものが販売されています。

さすべえ」などが有名ですね。

これを使えば万事OK~。

と言いたいところなのですが、
実はそういう訳ではないんです。

この「さすべえ」でもダメ!という地域があります。
これは地元の警察署に問い合わせて確認するしかないようです。

雨の日に自転車で出かける場合はどうする?

では、雨の日に自転車で出かける場合にはどうすればいいのか、
という問題ですが、傘以外の方法で雨をしのぐしかありません。

方法としては、
・面倒だけどレインコートを着る
・レインバイザーを使う
といったものを使うしかないようです。

まとめ

雨の日の自転車の運転は、
さすべえが使える地域もありますが、
面倒でもレインコートなどを使うしかないようです。

ちょっと面倒ですが・・・。

スポンサードリンク

 - 悩み ,