母乳が出にくくなる?乳腺炎の原因と症状・対策について

   

母乳で子育てしないけど、母乳の出が悪い・・・。
こんな悩みはありませんか?

もし母乳の出が悪くて、胸にしこりや痛みがある場合は
乳腺炎
になっている可能性があります。

今回はこの「乳腺炎」になってしまう原因とその症状について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


乳腺炎の原因は?なぜなるの?

乳腺炎になってしまう原因の1つとして、
赤ちゃんが飲みきらなかった母乳が溜まったため
というものがあります。

母乳が溜まったことで乳腺が炎症を起こす場合は
うっ滞性乳腺炎
と呼ばれます。

また、黄色ブドウ球菌や連鎖球菌などの細菌感染によって炎症が起こる場合は
化膿性乳腺炎
と呼ばれます。

うっ滞性乳腺炎は産後に多い傾向があり、
化膿性乳腺炎は体力が弱っているときに起こりやすいようです。

うっ滞性乳腺炎の症状と対策は?

うっ滞性乳腺炎になった場合の症状は、
胸にしこりできて硬くなり赤くなります。
それ以外の症状としては、微熱が出ることもあります。

スポンサードリンク

この時にできたしこりは、触ると痛みがあり、
また、放置するとさらに悪化してしまいます。

胸の張りがある場合は、適度に搾乳するようにします。
ただ、搾乳はやり過ぎると逆に母乳の出が悪くなるので、
あくまで適度にするようにしましょう。

搾乳は、赤ちゃんに吸ってもらうようにするといいでしょう。
赤ちゃんが飲み残した分の母乳を少し搾乳するぐらいがいいようです。

食べ物や飲み物で糖分や脂肪分を摂り過ぎると
乳腺を詰まらせることがあるので、
普段の食べ物にも気をつけるようにしましょう。

化膿性乳腺炎の症状と対策は?

化膿性乳腺炎の症状としては、高熱が出る場合があります。
また、胸にしこりが出来、触ると激痛になったり、さらに腫れることもあります。

症状としては、うっ滞性乳腺炎よりも酷くなることが多いようです。
炎症が治まったとしても、その後膿が出る場合もあります。

この化膿性乳腺炎の原因は、細菌が侵入することですので、
予防するために、乳首は清潔にしておきましょう。

また、乳首が傷ついたりすると、傷口から細菌が入り発症することがあります。
授乳の前と後は消毒するなど清潔にするようにしましょう。

スポンサードリンク

 - 悩み ,