猛暑の熱帯夜でも安眠するための方法は?クーラーの使い方など

   

夏になると夜に暑すぎて眠れない、
ということが多くなってきます。

かといって、ずっとクーラーをつけっぱなしにするのも・・・・
と思って極力使わないようにしている方も多いのではないでしょうか。

そこで、夏の熱帯夜でもぐっすり眠るための方法をいくつか紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


そもそもなぜ安眠できないの?眠るためのポイントは?

そもそも熱帯夜になるとなぜうまく眠れないのでしょうか。

まず人はどういう状態になると眠りにつくことができるかというと、
身体の深部体温が下がると休息モードになり、眠ることができます。

ところが、夏になると蒸し暑く、汗がうまく蒸発しないため、
体温がうまく下がりません。

そのため眠りにくくなります。

そこで眠るためのポイントとしては、
うまく放熱して深部体温を下げることにあります。

安眠するためのクーラーの使い方

眠るときにクーラーをつけている、という方も多いと思います。
また、寝る時にタイマーをつけてエアコンを動かす、という方もいるかと思います。

ただ、クーラーをタイマー設定したけど、タイマーが切れてから室温が高くなり、
目が覚めてまたクーラーをつけてしまう・・・ということはありませんか?

実はこれはよくありません。

人は眠るときに体温が下がり、目覚めに近づくにつれて体温が上がってきます。

これが寝ている途中でクーラーをつけてしまうと、目覚めが近いのに体温が下がることになり、
体温のリズムが乱れるため、すっきり目覚めることができません。

スポンサードリンク

安眠するためのクーラーの使い方としては、
まず眠る1時間前ぐらいからクーラーをつけて、室内を適温にしておきます。
その後、タイマー設定するよりは、朝までつけっぱなしにしておくほうがいいでしょう。

室温を一定にしておくほうがうまく眠ることができます。

また、あらかじめ寝具を冷やしておくとうまく眠ることができます。
寝具には日中の熱がこもっていることがあるので、
寝る前にクーラーをつける際に布団やまくらをどかして寝具を冷やしておきます。

寝具にも工夫する

人は寝ている間にコップ1杯分の汗をかく、と言われるのは有名な話だと思います。
そのため、寝具はかなり湿気を含んでいることがあります。

その状態のまま使っていると、寝ているときにかく汗がうまく吸収されなくなり、
体温がうまく下がらなくなります。

そのため、夏の間は汗を吸収しやすく乾燥しやすい敷きパッドなどを使うといいでしょう。

寝る前の水分補給について

寝ている間には汗をたくさんかきますので、寝る前の水分補給は重要です。

ただ、このときの水分補給は、冷たいものは避け、常温のものにしましょう。
冷たいものを飲みたい気持ちはわかりますが、
冷たいものを飲むと、胃が冷えてしまい、その胃を温めようと逆に体温が上がってしまい、
寝つきが悪くなってしまいます。

それでも眠れない場合

いろいろやってもなかなか眠れない場合は「冷やしタオル」がおすすめです。
頭を冷やすことで眠りやすくなります。

フェイスタオルなどに霧吹きで水をかけてから冷蔵庫で1時間程度冷やしておきます。
それを枕の上半分に置いて寝るだけです。

ただし、首を冷やすと目がさえてしまうので冷やすのは頭だけにしましょう。

スポンサードリンク

 - 季節 ,