深川八幡祭り2016の日程・見どころは?水かけの時間について

   

深川八幡祭り」は、「水かけ祭り」として親しまれています。

この深川八幡祭りは、日枝神社の「山王祭」、神田神社の「神田祭」と並ぶ江戸三大祭りとして数えられ、約370年の歴史を誇ります。

3年周期で「本祭」「御本社祭」「陰祭」が行われ、2016年は、「陰祭」になります。

今回は、この深川八幡祭りの日程・見どころや水かけの時間などについて紹介します。

深川八幡祭りの日程は?

2016年の深川八幡祭りの日程は、
2016年8月12日(金)~8月15日(月)
です。

時間は、9:00~20:00です。

会場は、
富岡八幡宮とその近辺
で開催されます。
(住所:江東区富岡1-20-3)

会場へのアクセスは、
電車の場合、
大江戸線「門前仲町駅」下車、徒歩約6分
東京メトロ東西線「門前仲町駅」下車、徒歩約3分
JR「越中島駅」下車、徒歩約15分
車の場合、
首都高速「箱崎IC」より約10分
となっています。

スポンサードリンク

また、お祭り期間中は交通規制も行われます。
(2016年8月14日(日)の9:00~12:00で永代橋~富岡八幡宮周辺)

深川八幡祭りの見どころは?

深川八幡祭りの見どころは、御神輿に清めの水を浴びせる「水かけ」です。

「ワッショイ!ワッショイ!」と元気な掛け声をあげて、町を練り歩くお神輿にめがけて清めの水を浴びせます。
今年は主役が子供達でになります。

水かけの時間は、
9:00~12:00の間に神輿を担いで巡行するとき
になります。

他にも、夕方からは富岡八幡宮の境内で様々な奉納行事が行われます。

太鼓、少林寺拳法、空手の演武といったものから、
雅楽、琴の演奏、能、歌謡ショー、バリ島のガムラン演奏など、
趣向を凝らしたイベントがあります。

この「水かけ」ですが、かなりの勢いで水がかけられるので、
見に行く場合は濡れてもいい服装で行くことをおすすめします。

また、深川八幡祭りでは屋台もたくさん出店されます。
その数はおよそ200店舗。

主な出店場所は、富岡八幡宮の参道・永代通り・深川公園などを中心に出店されます。

スポンサードリンク

 - 観光