日焼け止めがベタつく原因と対策は?飲む日焼け止めがいい?

   

夏になると気をつけたいのが「紫外線対策」ですよね。

外出するときには日傘を用意したり、念入りに日焼け止めクリームを塗ったり、
といったことをしている方も多いと思います。

ただ、日焼け止めクリームは塗るとベタつくのが嫌、という方も多いんですよね。
特に顔に塗るのはベタつくから嫌なので、塗らないとか、薄く塗るとか、
こういうケースは多いようです。

ただ、それでは効果がありませんし、シミやシワの原因になってしまう場合もあります。

そこで、今回は日焼け止めでベタつく原因と対処法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


日焼け止めのベタつきの原因は?

日焼け止めは特に使い始めの時の肌のベタつきが気になりますし、
朝からつけていたりすると、午後を過ぎたあたりから、
汗や皮脂が原因で、化粧崩れやテカリが気になったりすることもあります。

なぜこういったことが起こるのかというと、日焼け止めの成分に原因があります。
日焼け止めには、「紫外線散乱剤」という紫外線をカットする効果がある成分が使われていますが、
この成分がベタつきの原因となっています。

日焼け止めでベタつきを抑える方法は?

紫外線をカットする成分が原因なので、
日焼け止めを使う以上はベタつきは避けられないのでしょうか?

べたつく成分は日焼け止めには含まれるため、仕方ないのですが、
ベタつきを解消するための対処法はあります。

その方法としては、
日焼け止めを塗った上にベビーパウダーをなじませること
です。

スポンサードリンク

日焼け止めを塗った上にベビーパウダーは軽くはたくだけで、
触り心地がサラサラになります。

また、ベビーパウダーなので肌へのダメージも少ないのがいい点です。

飲む日焼け止めがいい?その仕組みとは?

ただ、ベビーパウダーがいいといっても、
日焼け止めとベビーパウダーを持ち歩くのは面倒ですし、
毎朝するのも手間がかかります。

そこで最近流行ってきているのが
飲む日焼け止め
です。

これは飲むだけで日焼け止め効果があるという、
日焼け止めクリームの欠点をすべてなくしたような商品です。

でも、飲む日焼け止めでどうやって日焼けを防ぐことができるのか疑問はありますよね。

まず日焼けがなぜ起こるのかということですが、
紫外線を浴びると肌では活性酸素が大量に発生し、炎症や組織損傷が起こります。
見た目としてはメラニンが生成されて黒くなるだけですが、
内部では肌が損傷しているんですね。

この日焼けの原因の「活性酸素」と「炎症」を抑える働きがあるのが飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めには「ニュートロックスサン」という成分が含まれていて、
紫外線を浴びた際に起こる活性酸素の発生と炎症を抑えてくれます。

飲む日焼け止めはいくつか市販されているようですが、
選ぶ時には「ニュートロックスサン」が配合されているかどうかをチェックするといいでしょう。

 - 悩み , ,