舞茸の栄養分と効果は?美肌にもいい?

   

秋といえば、キノコの季節ですね。
キノコにはいろいろな種類がありますが、いろいろな料理に使えて美味しいのが「舞茸」です。

この舞茸には、栄養分も豊富で健康効果だけでなく、美容効果まであります。
また、ダイエットに使う方もいて、一時期かなり人気になりました。

今回はこの舞茸の栄養分と効能などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


舞茸の栄養分と効能は?

舞茸はキノコ類なので、やっぱり一番は食物繊維です。
舞茸には食物繊維の一種である「βグルカン」という多糖体が含まれています。

このβグルカンには、免疫力を高めたり、コレステロール値を下げたり、ガンの予防になったりという効果があります。
舞茸はこのβグルカンがきのこ類の中ではかなり多く含まれています。

舞茸には他にも、「MXフラクション」という成分も含まれています。
このMXフラクションには、血中の脂肪酸が減少したという研究結果もあるそうです。
また、腸のぜん動運動を活発化し、余分な脂肪の吸収を抑える作用があります。

こういったことから、ダイエットにも効果的ということで一時人気になりました。

スポンサードリンク

その他にも、βグルカンとキトサンが一緒になった「キノコキトサン」も含まれていて、脂肪分をコーティングし、腸壁から吸収されるのを防いでくれます。

ただ、このMXフラクションは水に溶けてしまうため、ダイエット目的であれば、あまり水洗いするのは避けましょう。
例えば煮物や汁物にすると、水に溶けてもすべて摂取できます。

他には、ビタミンDを生成するエルゴステロールが多く含まれています。
ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きがあります。

舞茸には美肌効果もある?

舞茸は成分的にダイエット効果が注目されますが、実は美肌効果もあるんです。
舞茸にはビタミンB1、B2、ナイアシンといったビタミンB群を多く含んでいます。

ナイアシンは、皮膚を健康に保つ働きがあり、肌荒れ防止効果が期待できます。
また、ビタミンB2も肌荒れに効果があります。

また、舞茸にはメラニン色素の生成を防ぐチロシナーゼ阻害物質を含んでいるので、シミやソバカスの予防にも効果的です。
さらに、トレハロースも含まれていて、肌の潤いを保つ効果があります。

このような成分があるので、舞茸はダイエットだけでなく美肌にも効果的です。

まとめ

舞茸は栄養的にも効果的にもいいキノコなのですが、
食べ過ぎるとお腹がゆるくなるので、量はほどほどにしておきましょう。

スポンサードリンク

 - 食べ物 ,