簡単な不眠対策に!すぐに眠れる方法とは?

   

秋が近づいて気温が下がってきた、と言ってもまだまだ夜が暑く、うまく眠れない・・・。
こういった経験がある方は多いと思います。

明日早いのになぁ・・・とか、早く眠らなきゃ・・・と思えば思うほど眠れなくなってしまいます。

今回は、こんな場合のために、簡単にできるすぐに眠れるための方法を紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


頭寒足熱を意識する

昔から言われているのが「頭寒足熱」です。
要するに、頭を冷やして足を温める、ということですね。

人体は、頭からの熱が体全体の5〜7割と言われています。
そのため、頭を冷やすことでメラトニンの分泌が促進されて眠りやすくなります。

頭を冷やすには、冷やしたタオルや保冷剤などを枕にするといいでしょう。
ただし、耳から下の部分を冷やすと、逆に脳の働きが上がるため眠れなくなるので注意が必要です。

足を温めるには、お風呂をシャワーで済ましている場合でも、最後にくるぶしの少し上の辺りをシャワーで温水をあてて温めます。

スポンサードリンク

自律訓練法をする

自律訓練法とは、名前の通り自律神経を整える方法です。
この方法で、数分程度で全身をリラックスさせることができ、熟睡することができます。

自律訓練法の具体的な方法は、
まず軽く目を閉じた状態で、以下の言葉を心の中で唱えます。

1.気持ちが落ち着いている
2.右腕が重たい → 左腕が重たい → 両脚が重たい
3.右腕が温かい → 左腕が温かい → 両脚が温かい
4.心臓が規則正しく打っている
5.楽に息をしている
6.お腹が温かい
7.額が心地よく涼しい

すぐにはコツがつかめないかもしれませんが、繰り返し練習するとうまくいくようになります。

4−7−8呼吸法

これは呼吸法です。
方法は簡単で、
4秒間吸って
7秒間止めて
8秒間吐く
というもの。

息を吸うと脈が速くなり血圧が上がります。
逆に息を吐くと脈は遅くなり血圧が下がります。

息を吐く時間を長くするというのがポイントですね。

これを続けていくと、だんだんとリラックスできるようになります。

コツとしては、息を止めるときには力まず、下腹の力をストンと抜くことです。

まとめ

今回紹介した方法はどれも簡単な方法なので、
できそうなことから試してみてください。

スポンサードリンク

 - 悩み ,