衣替えの最適な時期は?クリーニングと収納のコツについて

   

季節の変わり目になると、いつも悩むのが「衣替え」のタイミングですよね。

会社は学校などでは、6月1日と10月1日になっているところが多いようですが、
前後で多少の猶予期間があります。

とはいえ、そんなにきっちりとした日付で衣替えできる、というものでもありません。
早すぎても遅すぎても地味に困りますよね。

そこで、今回はこの衣替えの最適な時期とクリーニングや収納のコツについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


最適な衣替えの時期は?

衣替えの時期が決まっているのなら、あまり選択肢がありませんが、
ある程度期間にゆとりがあるのなら、気温を目安にするといいでしょう。

まず、一番変わるのが上着の半袖と長袖です。

これは最高気温が20〜22度ぐらいが変える目安です。

一枚上に羽織るかどうかの目安は
最高気温が15〜20度ぐらいです。

最高気温が15度を下回るようになると、冬物に移行するといいでしょう。

週間天気予報の最高気温をチェックするといいと思います。

微妙な場合は、少し暑いぐらいにしておくといいでしょう。
暑くなったら上着を脱いで対応できます。

衣替えの収納のコツについて

衣替えの時期に困るのが収納です。

なにもしないと、どんどん服が増えていき、収集がつかなくなってきます。

収納のコツとしては、まずいらないものを捨てるようにします。

収納スペースの中に、もう何年も着ていない服はありませんか?

何年間か着ていないものは全部捨てる、といった基準を作って処分するようにしましょう。
だいたい3年ぐらい着ていないものは処分するといいでしょう。

処分するのがもったいないのなら、古着屋さんに売るといいでしょう。

次に、収納するときには季節別に分けておくと次に着るときに便利です。
ケースを季節別に分けて収納するといいでしょう。

スポンサードリンク

クリーニングや洗濯について

収納する前に注意する必要があるのがシミなどの衣服の汚れです。
そのまま収納してしまうと、ガビや虫食いの原因になってしまいます。

クリーニングなどは、衣替えでの収納のタイミングで行うといいでしょう。

特にカッターシャツやTシャツなどの白い服の場合は、汗などの汚れが襟などに残っている場合があります。
こういったものは、そのままにしておくとシミになってしまいます。

こういった何度も着ていた白い服は2度洗いをしましょう。
また、クリーニングに出すのでもいいと思います。

次に注意すべきは「乾燥」です。
十分に乾燥しない状態で収納してしまうと、カビの原因になってしまいます。

ちょっとした湿気でもカビの原因になります。

よく乾かしてから収納するのは当然ですが、収納するケースにも乾燥剤などを入れておくようにしましょう。

次に気をつけるポイントは「防虫対策」です。

衣替えでしまっていた服を出してきたら虫に食われていた、ということはよくありますよね。
とくに、ウール、カシミヤ、絹といった高級な衣服が虫食いになりやすくなっています。

収納する際には防虫剤も忘れずに用意しましょう。

収納もクリーニングも面倒な場合

とはいえ、衣替えですら面倒なのに、洗濯もしてクリーニングもして・・・、
となるとかなり大変ですよね。

最近では、クリーニングを宅配でできるサービスが増えています。
そして、この宅配クリーニングで衣服を保管してくれるところもあります。

衣替えの時期にまとめてクリーニングに出して、次に使う時まで保管しておいてもらうと、
収納で悩む必要もなくて便利です。

 - 季節 ,