iPhone7にiPhone6/6sのスマホケースは使える?無理矢理でもだめ?

   

先日iPhone7が発売されましたね。

まあiPhoneの新型が出るのは毎年のことなので、不思議ではないのですが、
今回買い替えた!という方には、気になるのが「スマホケース」です。

新型が出るとケースを買い替える必要があるのかが気になりますよね。

今使ってるケースが気に入ってて、でも新型では使えないとなると、
新型に対応した同じケースに買い換えないといけません。
(新型がすぐに発売されるかも分かりませんし)

そこで、iPhone7にiPhone6のケースが使えるかどうか調べてみました。
(無理矢理やってみる場合も調べました)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


iPhone7とiPhone6の違いは?

iPhone7とiPhone6ですが、幸いにもスマホのサイズは全く同じです。
だから、物理的にケースがはまらないということはありません。

とりあえず使い勝手はどうでもいい、ケースに入ればOK、
というのであれば、iPhone6のケースはそのまま使えるということになります。

ただ、細かい点を言うと、やっぱりiPhone6のケースは使えないとも言えます。

なぜかというと、カメラなどの細かいサイズや位置が変わっているからです。

スポンサードリンク

ケースがそのまま使えない理由は?

では具体的になにが変わっているのでしょうか。

まずは「カメラ」です。
iPhone7のカメラは、iPhone6/6sよりも大きくなっています。
とくにiPhone7 Plusはさらに大きくなっているので、ケースによってははまらないかもしれません。

カメラの穴をきっちりと合わせているケースだと、そのまま使うのは無理ということになりそうです。

次の理由が「マイク」です。
iPhone6まではマイクはイヤホンジャックの横にありました。
ただ、iPhone7にはイヤホンジャックがなくなったため、Lightningコネクタの横に移動しています。

このマイクの穴を塞いでしまうケースだと、通話に影響が出るかもしれません。

この2つに干渉しないケースだと、そのまま使いまわせるかもしれませんね。

他にも細かい点を言うと、iPhone6のケースにはイヤホンジャックの穴が開いていますが、
iPhone7にはイヤホンジャックがありませんので、無駄に穴が開いているということになります。
(気にならないなら別にいいのですが)

まとめ

まとめると、マイクの穴とカメラに干渉しないケースならそのまま使えるけど、
それ以外は厳しいということですね。

やっぱりiPhone7向けのケースに買い替えるのが無難でしょうか。

スポンサードリンク

 - お得情報 ,