地震速報の後に津波の心配はありませんとすぐに分かる理由は?

   

テレビなどを見ていると、たまに出る「地震速報」。

最近では、この地震速報の後に
なお、津波の心配はありません。
と表示されます。

この津波の心配はありませんと出るまでの期間はかなり短く、
たいてい1分もかかりません。

こんな短期間でどうやって判断しているのでしょうか?
と疑問に思ったので調べてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


津波があるかどうかすぐに分かる理由は?

この津波が起こるかどうかの予報は、「気象庁」が行っています。

一応、どういう方法で予報を出しているのかは、気象庁のホームページに説明があります。

http://www.data.jma.go.jp/svd/eqev/data/tsunami/ryoteki.html

わりと丁寧に説明されているのですが、ちょっと途中で読む気がなくなってくる人も多いんじゃないでしょうか。
(自分がそうだった・・・)

ということで簡単に説明してみます。

スポンサードリンク

津波予報がすぐに出る理由を簡単に説明

実際にはいろいろと複雑なことをやっているのですが、
簡単に一言で説明すると、
あらかじめ計算していた
ということになります。

例えば、日本の近海のどの場所でどの程度のマグニチュードの地震が発生したら、
津波が発生する可能性があるのかどうかについて、
すべての場所とマグニチュードであらかじめ計算してシミュレーションしています。

その結果をデータベースとして保管してあります。

そして、実際に地震が起こったら、あらかじめ計算しておいたデータに近いもの(場所とマグニチュード)と照らし合わせて、津波の可能性がなければ「津波の心配はありません」と津波予報が出ます。

もしシミュレーションのデータで津波の可能性が少しでもあれば、さらに詳しく解析します。
この段階までくると、すぐに「津波の心配はありません」とは出てきません。

まとめ

津波の予想には、複雑な計算が必要なのですが、
あらかじめ出しておいたデータを利用してたんですね。

スポンサードリンク

 - お得情報 ,