お腹周りダイエットで簡単で効果的な方法は?

   

年をとるとどうしても、お腹周りがぽっこりとしてしまいますね・・・。

ああ、なんとかしなきゃ・・・と思っても、
面倒なのとなかなか効果が出てこないのと、
いろいろあって、結局やめてしまう・・・。

よくありますよね、こういうの。

ライザップとかCMでやってますが、
あれはそうとう厳しいようで、こんなの無理っ!!
ってなってしまうようで。

なんかこう、簡単にできるのに効果あるお腹周りダイエットの方法ってないの?
ということで、空いた時間に簡単にできる方法をご紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


簡単お腹ダイエット 腹筋編

まずは腹筋です。

お腹周りを凹ますには、やはり腹筋です。
ただ、普通にやる腹筋は大変で続かないものです。

なので比較的簡単にできる方法です。

ここで紹介するのはお腹をへこませるダイエット。

1.仰向けに寝て、腕を真横に広げて両ひざを立てます
2.息を吐きながらゆっくりと腰を持ち上げます
3.そのままの姿勢をキープし、15秒間呼吸をします
4.これを10回ぐらい繰り返します
5.次に同じ姿勢で両足を横に倒し15秒間呼吸をします
6.これも10回ぐらい繰り返します
7.反対側も同様にします

これは腰を痛めないので、腰痛持ちの方でもできますよ。

スポンサードリンク

腰を持ち上げるのが厳しい場合は、
代わりに足を肩幅ぐらいに開け、お腹に両手を当ててから、
肩を持ち上げておへそを見るような体勢をキープして15秒呼吸する、
という方法でも同様に効果があります。

簡単お腹ダイエット 呼吸編

上にあげたストレッチでの呼吸は普通の呼吸ですが、
普段から「腹式呼吸」を意識する、という方法です。

腹式呼吸は、
息を吸っている時にお腹が膨らみ、
吐いている時にお腹がへこみます。

この腹式呼吸をすることで、
お腹のインナーマッスルを鍛えることができます。

インナーマッスルが衰えると、内臓が下がり、
お腹がぽっこりとする原因となることがあります。

また、腹式呼吸でインナーマッスルを鍛えると、
内臓の活動を活発化させることができ、
痩せやすい体になります。

腹式の呼吸法は、いくつか種類があるのですが、
鼻から息を吸い、口から長く吐く、というのが一般的です。

空き時間などに意識して腹式呼吸をしてみてください。
また、ストレッチのときに腹式呼吸もしてみるのもいいと思います。

まとめ

比較的簡単な方法を紹介しましたが、
効果が出るかどうかはやっぱり続けることです。
途中でやめちゃうとどんな方法でも結果はでないので・・・。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,