北野天満宮 梅花祭2017の日程と見どころは?駐車場について

   

春になると花見のシーズンになりますが、桜の花を鑑賞することになります。
それよりも前に見ることができるのが「梅の花」です。

各地に梅に関連したお祭りがあります。
その中でも有名なのが「北野天満宮の梅花祭」です。

今回はこの北野天満宮の梅花祭の日程・見どころについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


北野天満宮の梅花祭の日程について

「北野天満宮」は、学問の神様である菅原道真公をお祀りした天満宮・天神社の総本社の神社です。
その北野天満宮で行われる梅花祭は、菅原道真公の命日に行われます。
その歴史は古く、約900年間も続いています。

梅花祭は、菅原道真公の命日である2月25日に開催されます。
(毎年同じ日程です)

時間は、10:00から祭典が本殿で行われ、
茶会(野点)が10:15から15:00まで三光門前広場で開催されます。

この野点を拝服するには、「拝服・宝物殿拝観・撤饌引換券」の三連券(1,500円)の購入が必要です。
先着3000枚限りで、券の頒布は1月25日からです。

ただ、北野天満宮の梅の花は、
2月上旬から3月中旬頃にかけて見ることができるので、
祭典や野点を見ないのであれば、別日でもいいでしょう。

スポンサードリンク

北野天満宮へのアクセスと駐車場について

北野天満宮へのアクセスは、
電車の場合、
京福電車「白梅町駅」より徒歩5分
バスの場合、
JR京都駅より市バス50/101系統「北野天満宮前」下車すぐ
JR・地下鉄二条駅より市バス55系統「北野天満宮前」下車すぐ
車の場合、
名神高速道路「南IC」「東IC」より約30分
となっています。

駐車場ですが、当日の2月25日は利用ができないので注意してください。
(別の周辺駐車場を利用することになります)

梅花祭の見どころは?

北野天満宮の梅花祭の見どころとしては、
やはり「梅苑」でしょう。

梅苑では、約50種1500本の梅の花を見ることができます。
ただし、入場料として大人600円(子供300円)がかかります。
(梅茶と茶菓子がついています)

周辺には出店や茶屋もあります。

梅苑は、2月25日以外でも、2月初旬〜3月下旬頃まで見ることができます。

他の見どころとしては、「野点(茶会)」があります。

野点は、三光門前広場で午前10時頃から午後3時頃まで行われます。
この野点は、豊臣秀吉が催した大茶会が由来となっている伝統ある行事です。
毎年、綺麗な舞妓さんがお茶を点てて、参加者に振る舞ってくれます。

スポンサードリンク

 - 観光