もんべつ流氷まつり2017の日程と駐車場は?見どころについて

   

冬になると寒い地域では雪が降るため、雪まつりが多く開催されます。
北海道では雪だけでなく、一部の地域で「流氷」を見ることができます。

そんな流氷に関連するお祭りがあります。

北海道紋別市で開催されている
もんべつ流氷まつり
です。

今回はこの紋別流氷まつりの日程・見どころなどについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


紋別流氷まつりはどんなお祭り?

もんべつ流氷まつりは、50年以上の歴史がある伝統のあるお祭りです。

この地域では冬になって流氷がやってくると、海に船が出せないため漁ができなくなるため、
流氷は歓迎していませんでした。

そこで、この流氷を観光に生かせないか?ということで、この流氷まつりが開催されました。

もんべつ流氷まつりの日程・アクセスについて

2017年のもんべつ流氷まつりの日程は、
2月10日(金)〜12日(日)
となっています。

時間は
10:00〜22:00
となっています。

会場は
海洋交流館前の広場
となっています。

アクセスは、
JR遠軽駅から車で60分
JR旭川から直行便バスで180分 紋別バスターミナルからシャトルバスで15分 海洋公園イベント広場バス停徒歩すぐ
JR札幌から直行便バスで280分 紋別バスターミナルからシャトルバスで15分 海洋公園イベント広場バス停徒歩すぐ
紋別空港から車で10分
となっています。

スポンサードリンク

駐車場は、周辺に駐車場があり、
約100台分あります。

もんべつ流氷まつりの見どころは?

もんべつ流氷まつりの見どころとしては、やはり「流氷」でしょう。

まずは流氷の張った海を進むことができる船の「ガリンコ号Ⅱ」で流氷ツアーが楽しめます。
船からは海と流氷に囲まれた風景を楽しむことができます。

他にも見どころとして「氷像」があります。

祭り会場には多くの氷像が並び、見どころとしては毎年違うテーマで作られる「大氷像」です。
この大氷像は、夜になるとプロジェクションマッピングがほどこされます。

北海道といえば食べ物が美味しいことでも有名ですが、
もんべつ流氷まつりでは物産展も開催されます。

また、「そばまつり」も同時に開催されています。
そばまつりでは、北海道の有名な4種類のそばを食べることができます。

紋別市には、このお祭りの他にも流氷を楽しめる施設があり、
会場近くにある「北海道立オホーツク流氷科学センター「GIZA」」は、
流氷や氷、オホーツク海をテーマにした博物館となっています。

また、近くには「オホーツクタワー」もあり、
オホーツク海で暮らしているクリオネなどの生物を見たり、
展望台からオホーツク海を見下ろすことができます。

スポンサードリンク

 - 観光