札幌まつり2017の日程・アクセスは?見どころと中島公園の出店について

   

日本には数多くの神社がありますが、その神社ではたいていお祭りが開催されます。

北海道神宮で開催されるお祭りとして、北海道神宮祭があり、この祭りは
札幌まつり
とも呼ばれます。

札幌の伝統的なお祭りで、100年以上もの歴史があります。

今回は、この札幌まつりの日程・アクセスや見どころなどについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


札幌まつりの日程・アクセスについて

札幌まつりは、毎年6月14日〜16日に開催されます。

そのため、2017年の札幌まつりは、
6月14日(火)〜16日(木)
となります。

14日は宵宮祭、15日が例祭、16日が神輿渡御となり、
時間は、
14日が18時から、
15日が10時から、
16日が9時から
となっています。

札幌まつりは、北海道神宮と中島公園で開催されます。

会場へのアクセスは、
北海道神宮が、
地下鉄東西線円山公園駅から徒歩15分
JRバス神宮前停留所から徒歩1分
となっています。

駐車場は、北海道神宮に250台分あります。
また周辺には有料駐車場もあります。

ただし、お祭り期間中は混雑するようです。

中島公園へのアクセスは、
地下鉄南北線中島公園駅からすぐ
市電中島公園通から徒歩3分
市営・中央バスの中島公園入口からすぐ
となっています。

中島公園には駐車場がありません。
そのため、周辺のコインパーキングを利用する必要があります。

札幌まつりの見どころは?

札幌まつりは3日間にわたって開催されます。

スポンサードリンク

1日目は、宵宮祭で、いわゆる前夜祭です。
北海道神宮で、「三条神楽」「よさこいソーラン」「太鼓の演奏」などのパフォーマンス、
野点や猿まわしなどが行われます。

2日目は例祭で、北海道神宮で「三条神楽」「能楽」「雅楽」「三条神楽」「弓道」などのパフォーマンス、
野点、猿まわしなどが行われます。

3日目は神輿渡御が開催され、神輿に北海道神宮の神様をのせ、1000人以上の長い行列が一日かけて札幌市内を練り歩きます。

札幌まつりの一番の見どころとしては、やはり神輿と行列になります。
また、中島公園に出店される屋台も人気があります。

神輿渡御のルートと時間について

3日目の神輿渡御では、毎年、西の北海道神宮と東の頓宮の間を往復します。

神輿は、北海道神宮を9時に出発し、17時頃に戻ってきます。

このルートですが、札幌市内を満遍なくパレードするという方針のため、
午前と午後でルートが異なり、さらに毎年ルートが変更されます。

中島公園の出店について

出店は北海道神宮にもありますが、中島公園では約450店も出店されます。

中島公園では、行事は行われないため、中島公園のお祭りとも呼ばれているそうです。

屋台としては、焼きそば、フランクフルト、りんご飴といった定番から、変わりどころまで、いろいろなお店があります。
時間は10時〜22時まで出店されています。

さらに、お化け屋敷やサーカスといったアトラクション的な施設も設置されます。

行事はありませんが、子供連れの方などは中島公園のほうが人気があるようです。

スポンサードリンク

 - 観光