河口湖ハーブフェスティバル2017の開花状況と見ごろは?混雑と駐車場について

   

全国各地では、いろいろなイベントが開催されますが、
いろんな花の開花に合わせたイベントが多く開催されています。

河口湖のラベンダーの開花にあわせて開催されるのが
河口湖ハーブフェスティバル
です。

ラベンダーといえば、北海道が有名ですが、河口湖でもラベンダーを見ることができます。

今回はこの河口湖ハーブフェスティバルの開花状況・見ごろの時期と駐車場・混雑状況について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


河口湖ハーブフェスティバルの日程・アクセスについて

河口湖ハーブフェスティバルは、例年6月中旬から7月中旬にかけて開催されます。
2017年の日程は、
6月16日(金)〜7月9日(日)(大石公園は7月17日まで)
となっています。

会場は2ヶ所で開催され、
八木崎公園(メイン会場)
大石公園
となっています。

八木崎公園(山梨県南都留郡富士河口湖町小立)

大石公園(山梨県南都留郡富士河口湖町大石2525-11)

スポンサードリンク

会場へのアクセスは、
八木崎公園は、
河口湖駅から西湖周遊バスでバス停「八木崎公園」下車
大石公園は、
河口湖駅から河口湖周遊バスでバス停「河口湖自然生活館」下車
となっています。

駐車場は、期間中に無料臨時駐車場が用意され、
大石公園グランド
八木崎公園内のグランド(広場)
が利用できます。

混雑状況としては、
見頃の時期になると、週末などは駐車場待ちになるほど混雑するようです。

混雑を避けるには、早めの時間に行くようにするか、平日に行くといいでしょう。

河口湖ハーブフェスティバルの見どころは?

河口湖ハーブフェスティバルの一番の見どころはラベンダーですが、
メイン会場の「八木崎公園」では、ラベンダーの他にも、
・イベントステージ
・飲食、休憩エリア
・ショッピングエリア
・河口湖ハーブ館
などがあります。

イベントステージでは、
・ミニコンサート
・よさこいソーラン
・フラダンス
などの催し物が行われます。

また、売店や出店などもあり、地ビールや富士宮やきそばなど、地元名物もあります。
河口湖ハーブ館では、ラベンダーアイスが人気があります。

もう1つの会場の「大石公園」では、
富士山をバックにラベンダーが見れる撮影スポットとなっています。

河口湖のラベンダーの見頃の時期は?

河口湖のラベンダーの見頃の時期は、
例年、6月中旬から7月中旬となっています。

ラベンダーには、早咲きと遅咲きの品種があるため、比較的長い期間楽しめます。

スポンサードリンク

 - 観光