紫外線対策の日傘選びのポイントは?色で効果が違う?

   

そろそろ紫外線が気になる季節ですね。

外出時の紫外線対策といえばやっぱり「日傘」。

ただ、紫外線対策という点から考えると、
日傘の選び方にもポイントがあるんですね。

おしゃれで適当に選んだらあんまり効果なかった・・・
なんてならないようにきちんと選びたいですね。

ということで、遮光と紫外線カット(UVカット)
という点での日傘選びのポイントを紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


UVカットの効果と日傘の色について

まず気になるのが日傘の色です。

日傘というと白が多いイメージですが、
UVカットの効果が高いのは色は黒のほうがいいんです。

白い日傘でも紫外線は反射するのですが、
生地の隙間から紫外線が通り抜けてしまいます。

また、地面で反射した紫外線が白い日傘でまた反射されて、
結果として肌に届いてしまうという・・・。

なので、上からも下からも紫外線がきてしまうんですね。

逆に黒い日傘の場合、紫外線を吸収するので、
反射する紫外線が肌に来てしまうということも少なくなります。

じゃあ日傘は黒なのか・・・・でも黒はおしゃれじゃないんだよな、
という方もご心配なく。

実は日傘は色よりも重要なポイントがあるんです。
それは「生地」。

生地がきちんとUVカット加工されているかどうか
のほうが重要です。

なので白でもUVカット加工されていれば、
UVカット加工されていない黒よりも効果があります。

なのでチェックするポイントは、
UVカット率と遮光率ですね。

最近では、UVカット率が99%や100%という日傘もあったりします。

またいろんな色のUVカット加工された日傘が売っていますので、
好きな色も選べますね。

スポンサードリンク

また、生地の種類でも紫外線を防ぐ効果は違うのですが、
一般的には麻や綿のものが無難です。

おすすめの日傘は?

こういう点をふまえて、おすすめの日傘となるのは、
・生地がUVカット加工されている
・内側は地面からの跳ね返り対策として濃い目の色にしておく
という点をおさえているものとなります。

この条件で見た目が好みなものを選ぶといいでしょう。

いろいろある日傘ですが、
紫外線対策で人気があるのがコレ。

人気のロサブランの日傘です。
100%遮光なうえ、紫外線の跳ね返り対策もバッチリとなっています。
少し値段がしますが、条件を満たしているし、
色やデザインの種類も多いので、好みのものが見つかるんじゃないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 季節 , ,