TwitterなどSNSで上司からフォローされた場合の対策法は?

   

最近は、ほとんどの人がTwitterやLINEなどのSNSを利用していると思います。

たいていは、親しい仲間などの間だけでやっていると思いますが、
知らないうちに会社の上司にフォローされていた・・・
ということがあるようです。

主にプライベートなものとしてSNSを使っているのに、
上司に見られていると思うと、何だか嫌なものですし、
会社の愚痴も書けなくなってしまいます。

かといって、上司をブロックするのも、かえって怪しまれてしまいますし、
非公開にするのも困るという場合もありますよね。

こんな場合どうすればいいか、対策法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


上司にフォローされた場合の対策法

上司をブロックしたり、直接本人にやめてほしいと言えるのなら問題ないのですが、
たいていは難しいと思います。

そこで、とるべき対策法としては、
自然にフェードアウトして別アカウントに移行
です。

Twitterでは、アカウント名がばれていれば、ブラウザ上からは普通に見ることができるので、
アカウントも変えたいところです。

ちょっと面倒で、少し時間がかかりますが、
どうしても上司に見られたくないならやってみてください。

別アカウントをとる

今現在使っているアカウントは最終的に捨てます。
そのため、まずは新規に別アカウントをとります。

今のアカウントは、書き込みの頻度を下げていき、放置気味にします。
(急にまったく書き込まなくなると、それも怪しまれます)

スポンサードリンク

そして、仕事関係の内容は一切書かないようにします。

また、過去の会社がらみの内容は、少しずつ消していきましょう。

新アカウントにこれまでのフォロワーを移す

新規にアカウントをとると、1からのやり直しになってしまうので、
旧アカウントからフォロワーに移ってもらいます。

新しいアカウントは、よっぽど親しい同僚や友達以外は教えないようにします。
そして、誰にも教えないでほしいと言っておきましょう。
(上司に漏らした人がその中にいないことが前提ですが・・・)

相互フォローの人に連絡

旧アカウントで、知り合い以外に相互フォローしている人は、
プライベートメッセージで新しいアカウントに移行することを伝えておきましょう。

その際、古いアカウントへのフォローを切ってもらうようにお願いするといいでしょう。
そして、古いアカウントから、その人へのフォローも切っておきます。

これは、旧アカウントでフォローしていた人が、新しいアカウントにもフォローしていると、
そこから新規のアカウントを探し出せるからです。

旧アカウントからのつながりを完全に切っておけば、探すのはかなり難しくなります。

まとめ

基本としては、新規アカウントに移行して旧アカウントは自然消滅させます。
当然ですが、移行することは旧アカウントで書かないでください。

また、新規アカウントでも、個人が特定できそうな内容を書き込むのはやめておきましょう。
検索でヒットしてしまいます。

スポンサードリンク

 - 悩み ,