川崎大師の風鈴市の時間は?屋台とアクセスや駐車場について

   

毎年7月になると開催されるのが「風鈴市」。

風鈴市は関東の三大厄除け大師の一つである「川崎大師」で開催されます。

風鈴市は、境内の特設会場で開催され、
全国から集まったたくさんの風鈴があり、
毎年多くの人でにぎわいます。

そんな川崎大師の風鈴市の時間やアクセス、
屋台などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


川崎大師の風鈴市の日程と時間は?

川崎大師は毎年7月に開催されますが、
2015年は7月17日(金)から21日(火)までとなっています。

開催時間は朝10時から夜18時までですが、
20日の海の日だけは20時まで開催する予定となっています。

場所は
川崎大師の境内特設会場(大山門横静嘉堂石庭前広場)
で開催されます。

例年、20日と21日に厄除だるま風鈴を買うと
300名限定で名入れサービスがありますので、
今年もおそらく行われると思います。

川崎大師へのアクセスと駐車場は?

川崎大師へは、
電車の場合、京急川崎駅で大師線に乗り換え、川崎大師駅下車します。
そこから徒歩8分です。

スポンサードリンク

バスの場合、
JR川崎駅東口バス乗り場7番から川崎鶴見臨港バス[川23系統]大師行き
が出ています。
大師バス停で下車して徒歩8分です。

車の場合、
埼玉・千葉・東京方面は首都高速・横羽線の大師インターから約5分です。
大師インター下りて「大師河原」交差点を右折します。
首都高速・川崎線の大師インターからは約1分です。

横浜方面からの場合は、
首都高速・横羽線・川崎線の大師インターから約1分です。

駐車場は、
川崎大師に自動車安全祈祷殿や信徒専用駐車場があります。

収容台数は700台です。
料金は無料で、
時間は朝8時から17時となっています。
(風鈴市の終了よりは少し早いですね)

また、川崎大師の周辺にコインパークもあります。

屋台について

風鈴市ですが、屋台も出店しています。

一番多いのは初詣のときなのですが、
風鈴市の期間中も屋台はあります。

夏のイベントなので、かき氷やアイスクリームのお店もありますし、
仲見世では飴屋さんが多いですね。

境内にはベンチなどもありますので、そこで休憩もできます。

伝統的なお菓子やお食事処も多いので、
ゆっくりと楽しむことができますよ。

まとめ

最近はあまり風鈴は使いませんが、
やはり夏の風流として風鈴ですね。

スポンサードリンク

 - 観光 , , ,