赤ちゃんのあせも予防と治し方について

   

夏が近づくと汗ばむ季節になります。

となると気になるのが・・・
赤ちゃんのあせも
です。

赤ちゃんはあせもになりやすいんですよね。

あせもになっちゃったら治すのも大変だし、
できればならないほうがいいですよね。

そこで、あせもにならない予防策と、
なってしまった場合の治し方について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


あせもの原因は?

嫌なあせもですが、あせもは汗袗(かんしん)と言います。

これは汗が出る穴である汗腺が詰まってしまって、
汗を出すことができないため、
皮膚に炎症が起こってしまったものです。

あせもには2種類あって、
紅色汗疹(赤い色のあせも)と、
水晶様汗疹(白く透き通ったあせも)があります。

よく見るあせもはたいてい紅色汗疹です。

これをかきむしったりして、細菌が感染すると、
合併症として「とびひ」や「多発性汗腺膿瘍」になることもあるので、
掻いたりするのは注意です。

もう1つの水晶様汗疹は、
真ん中が、透き通って見えるもので、
かゆみや痛みがないのが特徴です。

この水晶様汗疹は、体調が戻れば数日で消えてしまうため
放置していても問題ないようです。

なので気にする必要があるのは「紅色汗疹」のほうですね。

あせもにならない予防策

できればあせもにならないほうがいいですよね。

あせもを予防するためのポイントとしては、
とにかく汗が肌についたままの状態を避けること
です。

汗をかくのはしょうがないのですが、
汗が肌に密着する時間をできるだけ少なくしてあげます。

その方法としては、
・汗をかいたまま放置しない
・汗をかいたらシャワーで流したり、タオルなどで汗を拭きとる
・汗をよく吸う素材の服にする(木綿や、速乾性のある素材)
・エアコンなどで汗をかきにくいようにする
・おむつ交換をまめにする
・下着もこまめに着替える
といったことを心がけましょう。

赤ちゃんのあせもができやすいところは
・おでこ
・あたま
・首のまわり
・わきの下
・背中
・手足のくびれ
・肘の内側
・足の付け根
などです。

スポンサードリンク

ここは汗がたまりやすい場所なので、
こまめにチェックするようにしましょう。

あせもになった場合の治し方

予防したつもりでもあせもになってしまうことはあります。

その場合の対策方法です。

あせもでも、初期の状態なら薬を塗る必要はありません。

汗の出口がふさがれているのが原因なので、
汗を拭いてあげればOK、ということになります。

水で濡らしたガーゼやアルコールを使っていないウエットティッシュ
で拭いてあげましょう。

薬を使う場合は、まず汗を拭いてから塗ります。

使う薬としては、できればステロイド系は避けましょう。

桃の葉エキスが入ったローションなどもオススメです。

薬を使わない治し方としては、
アロマオイル(精油)がおすすめです。

アロマオイルでは「ラベンダー」や「ティーツリー」
がいいでしょう。

抗菌作用、抗炎症作用、抗ウィルス作用、免疫力の向上
といった作用があります。

このアロマオイルを例えば、
お風呂に数滴入れて入浴したり、
ぬれタオルで拭く場合にアロマオイルを少し垂らしてあげます。

これはあせも予防にもなるのでオススメですよ。

スポンサードリンク

 - 悩み , , ,