紫外線対策にいい帽子って?色や素材による違いについて

   

そろそろ日差しが強くなり、
紫外線対策を気にする季節になってきました。

紫外線対策の1つとして「帽子」がありますよね。

ただ、とりあえず帽子かぶっときゃいいんでしょ?
といった感じで適当に選んでる方いませんか?

この帽子ですが、色や素材によって、
紫外線への効果がずいぶん違ってきます。

今回はその辺りについて紹介しますね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


帽子の色による違いはあるの?

いろんな色の帽子がありますが、
当然色によって紫外線対策の効果が変わってきます。

紫外線カットという点から見ると、
黒 → 赤・青 → 黄色 → 白
の順で紫外線を通しにくくなります。

紫外線をどれだけ通すかという割り合いは、
一番通さない黒で1.7%
一番通す白で19.4%
となっています。

ずいぶん違いますね。

夏場は白い帽子をかぶる人も多いですが、
UVカットで考えるとあまりよくないんですね。

ただ、当然ですが、黒の場合、
熱を吸収しやすいので暑くなるというデメリットがありますね・・。

以上のことから、理想の帽子の色としては、
外が白色で中が黒
となります。

白色は熱を吸収しにくく、紫外線を反射し、
黒色は紫外線を吸収します。

内側が黒がいいのは、地面で反射した紫外線を吸収するためですね。
中が白色の場合は地面で反射した紫外線を反射して、
日焼けの原因になったりします。

なので、外が白で中が黒が一番理想です。

帽子の素材による違いは?

正直、外が白で中が黒の帽子ってちょっとどうなの?
と思う方も多いと思います。

スポンサードリンク

色による差はあるのですが、
素材によっても差があります。

普通に白い帽子がいい!という方も
問題なく紫外線対策ができますよ。

と言っても簡単なことで、
UVカット加工
された帽子をかぶればいいんです。

日傘やサングラスなどでも同様ですが、
UVカット加工されたものが販売されていますので、
たとえ色が白でもUVカット加工されていれば
紫外線対策としては十分効果があります。

>>日傘の紫外線対策についてはこちら

じゃあUVカット加工ならどれでもいいのかな、
と思いがちですが、UVカット加工には2種類あって、
「UVカット素材」と「紫外線吸収剤」があります。

この紫外線吸収剤は、少し問題があって、
洗濯すると、吸収剤がだんだん落ちてしまう、
ということです。

なのであんまり洗濯を繰り返すと
紫外線対策としてはいまいちな帽子になってしまいます。

ということで、UVカット素材の帽子のほうがいいでしょう。

紫外線対策の帽子選びの他のポイントは?

最後に気をつけたい点が帽子のデザインです。

紫外線対策という点から見ると、
まずは「つば」。

つばは紫外線を防いでくれますので、
できればハットのように全体についているものがいいですね。

次に「生地の厚さ」。
当然生地が厚いほうが紫外線を防いでくれます。
ただ、厚いと暑くなるのが問題ですが・・・。

最後に「縫い目の粗さ」。

麦わら帽子などは縫い目が粗いので、
通気性はいいのですが、紫外線は通してしまいます。

まとめ

と、いろいろ挙げてみましたが、
全部満たすものってたぶんないと思います。

このうちのいくつかを検討してみてください。

スポンサードリンク

 - 季節 ,