五山の送り火が見えるホテルは?おすすめスポットについて

   

京都といえば、いろいろなイベントがありますが、
夏の京都で有名なのが「五山の送り火」です。

この五山の送り火は文字通り5ヶ所で送り火があるのですが、
全部見るのはちょっと大変・・・。

なので、五山の送り火の見どころと
よく見えるホテルなどについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


五山の送り火の場所は?

五山の送り火は毎年8月16日に行われます。

夜の8時から順番に点火されていきます。

大文字(大文字山)

大文字山は東山にある標高465.4mの山です。

1番最初に点火され、「大」の字は一番有名ですね。

普段はハイキングで人気の山ですが、
当日は入山禁止です。

見るためのオススメの場所としては、
・出町柳の三角州
・鴨川の堤防沿い
・京都御苑
・吉田山
があります。

妙法(松ヶ崎西山・東山)

大の字から5分後に、
西山に「妙」、東山に「法」の字が点火されます。
(以降、5分おきに点火されます)

見どころの場所としては、
「妙」は北山通(ノートルダム女学院付近)、宝ヶ池教習所 
「法」は高野川堤防沿い、松ヶ崎大黒天交差点
がオススメです。

船形(西賀茂船山)

西賀茂船山で点火されます。

送り火終了後に、六斎念仏という、
鉦(かね)や太鼓を打って、念仏を唱えながら踊る民俗芸能
が行われます。

見どころの場所としては、
北山通(北山大橋から北西)、御薗橋
があります。

左大文字(大文字山、大北山)

左大文字は、市内から見ると左側に見えるため、
こう呼ばれています。

夜7時に法音寺で護摩木がたかれ、点火法要の後、
その火で点火されます。

スポンサードリンク

火を山上へ運ぶ松明行列も見どころの1つです。

見どころの場所としては、
西大路通(西院~金閣寺周辺)、平野神社
がオススメです。

鳥居形(曼荼羅山)

最後が西山にある鳥居形です。

嵐山の渡月橋と広沢の池では、灯籠流しも行われます。

見どころとしては、
松尾橋、渡月橋、広沢の池
があります。

五山の送り火をすべて見るのにオススメは?

この五山の送り火ですが、意外と広範囲にあるので、
全部見るのはわりと大変で、
全部見える場所だと1つがかなり小さいんですね。

そしてどの山もそれほど標高が高くないので、
建物に邪魔されて見えない、ということも多く、
すべてが見えるスポットはあまり多くありません。

それでも全部見たい!!というなら、
いくつか方法があります。
(ただお金がかかるものが多いです)

まずは「ホテル」です。

五山の送り火がすべて見えるホテルとしては、
京都国際ホテル」が有名です。
(当然、事前に予約しておく必要があります)

また、少し離れますが京都駅ビルでも見ることができます。
無料なのですが、抽選となっています。

8月16日の19:30~20:30で、
京都駅ビルの空中径路、大空広場で見ることができます。

抽選の応募は7月中旬で、
ホームページか郵便ハガキでできます。

http://www.kyoto-station-building.co.jp/index.htm

まとめ

五山の送り火の雰囲気を楽しみたいのなら、
全部見るのはあきらめて、どこかにポイントを絞ったほうがいいようです。

嵐山の渡月橋付近や、広沢の池、
西大路通、京都御苑
などもオススメですね。

スポンサードリンク

 - 観光 ,