口内炎の原因は?治し方と治らない場合の対処法について

   

口の中がなんか痛い・・・。
そう。口内炎ですね。

口内炎はできると厄介で、
食べたり飲んだりするだけで痛い・・・。

しかもすぐに治らないし・・・。

この口内炎。急にできるイメージがありますが、
なぜ口内炎になるのでしょうか?

今回は口内炎になる原因と治し方
そしてなかなか治らない場合について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


口内炎の原因は?

口内炎がどういうときにできやすいかというと、
・風邪をひいているとき
・睡眠不足や疲労がある時
・栄養不足
など、体調が崩れているときが多くなります。

主に栄養不足が影響していて、
口内炎はビタミンB(特にB2とB6)が不足していると
起こりやすくなります。

ビタミンBの働きは、粘膜の保護と修復です。

口の中には多くの刺激(食べ物や歯が当たるなど)があるのですが、
こういった刺激から守ってくれるのが粘膜です。

普段は問題なく粘膜で守られているのですが、
ビタミン不足になると粘膜が減り、小さなキズができます。

そこに細菌が入り込み、口内炎になります。

口内炎の治し方は?

口内炎の治し方は、
口内炎の原因となるものを解消すればいい
ということになります。

なのでまずはビタミンBを摂取しましょう。

食べ物では、
レバー(牛・豚・鳥)
乳製品(牛乳・チーズ・ヨーグルト)

などがあります。

次の治し方としては、
口の中の細菌を減らすこと。

スポンサードリンク

簡単な方法は「うがい薬」を使うことです。
うがい薬を使うと口の中の細菌が激減します。

食後や寝る前に使うのがおすすめです。

次に「口の中を乾燥させない」こと。

唾液にも殺菌作用があります。

口の中を乾燥させない方法としては、
口呼吸を避ける、というものがあります。

口呼吸すると口の中が乾燥しやすくなります。
また外の空気と一緒に細菌も入りやすくなります。

この対策としておすすめなのが「飴」。
ミントの飴などがおすすめです。

最後に即効性がほしいなら
口内炎にはちみつを塗る
というものがあります。

はちみつには、
・殺菌作用
・消炎作用(口内炎の炎症を抑えてくれる)
・ビタミンBが豊富
など口内炎を治すのにぴったりですね。

また、傷口を塞いてくれる効果もあります。
(ただ・・・シミます)

口内炎が治らない場合は?

口内炎はたいていは1〜2週間程度で自然に治ります。
ただ、2週間すぎてもなかなか治らなかったり、
何度も口内炎ができる、という場合は、別の原因がある可能性があります。

考えられる原因としては、
・風邪やストレスが長引いて免疫力が落ちている
・偏った食生活が原因で栄養バランスが悪くなっている
・鼻が詰まっているなどの原因で口呼吸になっている
というものがあります。

こういう状態であれば口内炎の治りも遅くなりますし、
再発もしやすくなります。

こういった生活習慣を改善しても治らない場合は、
病気の可能性があります。

・口内炎がずっと治らない
・何度も再発する
・口の外にも口内炎ができてきた
・痛みが激しい

こういった症状の場合は、一度病院で診てもらうことをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,