生理痛がひどい場合の効果的な対策方法はコレ!

   

生理痛で悩む女性はわりと多いようです。

時には生理痛がひどくて何もできない、
けど、仕事には行かないといけないし・・・。

ということで困ることは多いです。

生理痛だからといって有休がとれるわけでもないので、
耐えながらなんとかしてるわけなのですが、
なんとかしたいですよね。

ということで、いろいろな方法を試して
個人的に効果があったものをご紹介します。

今回は薬を使わない方法のみです。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


生理痛になる原因は?

生理痛の対策の前に、なぜ生理痛になるのか
という原因を知っておくと対策しやすくなります。

生理痛になる原因は、
プロスタグランジン
というものです。

プロスタグランジンは、別名「子宮収縮ホルモン」と呼ばれます。

子宮が収縮する時に、血液が外に排出されるのですが、
腰周りなどが冷えていたりして、血行が悪いと子宮が収縮しにくくなります 。

こういう状態の場合にプロスタグランジンが分泌されます。

このプロスタグランジンが分泌されると、
子宮が強く収縮されるため、生理痛になります。

ということは、このプロスタグランジンの分泌を防げば
生理痛を防ぐことができます。

ひどい生理痛の改善方法

プロスタグランジンの分泌を防ぐ簡単な方法は
身体を冷やさないこと
です。

まず出来ることは
腰回りを冷やさないこと
です。

冬場なら着込んだりカイロを使ったりすればいいのですが、
夏場は薄着になりますよね。

スポンサードリンク

そうすると腰回りが冷えがちなので、生理痛の原因になります。
着こむのもカイロも無理ですが、できるだけ冷えないように工夫してください。

オフィスのエアコンも大敵なので、対策が必要ですね。

次の対策方法としては、
血流を悪くしないこと
です。

血流が悪くなるとプロスタグランジンの分泌につながります。

例えばオフィスワークをされている方など、
ずっとイスに座りっぱなしという方も多いと思います。

これも生理痛にはよくありません。

長時間、椅子に座ったままでいると、
鼠蹊部が圧迫されてしまいます。

結果として血行が悪くなってしまいます。

また、腰周りの筋肉も収縮するので、
生理痛がひどくなってしまいます。

対策としては、定期的に椅子から立って歩いたり、
ストレッチなどで腰周りの筋肉をほぐすといいでしょう。

体を温めるという意味ではお風呂も改善につながります。

夏場はついシャワーだけで済ましてしまう、
という方も多いと思いますが、
生理痛がひどいのならできるだけ湯船につかって温まりましょう

お風呂あがりに暑いからといって、体を冷やす飲み物もNGです。

コーヒーなどは体を冷やす飲み物なので、
生理痛のときはやめておきましょう。

コーヒーだけでなくカフェインは体を冷やすので、
生理痛がひどい時は避けるほうがいいです。

飲み物はハーフティーなどがおすすめです。

まとめ

ひどい生理痛は冷え対策をするだけでずいぶん緩和されます。
簡単にできることなので試してみてください。

スポンサードリンク

 - 悩み ,