さつまいもの美容効果がすごい!栄養と効能について

   

秋になると見かけるようになる「さつまいも」。
焼き芋なんかはすごい美味しいですよね。

でも、さつまいもを食べるとおならがいっぱい出そうとか、
甘いし芋だから炭水化物だし、カロリー高いそうとか、
そういったイメージで食べるのを控えている方も多いのではないでしょうか。

ただ、この「さつまいも」。
栄養が豊富で、しかも美容効果もあるんです。

そんなサツマイモの美容効果と栄養について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


さつまいもの栄養分は?

まず、さつまいもはデンプンが多く含まれています。

デンプンはイモ類には多く含まれていますが、
さつまいもは「βアミラーゼ」も豊富に含まれています。

このβアミラーゼは、デンプンを麦芽糖に変える働きがあります。

さつまいもを食べて甘いのはこのβアミラーゼの働きなんですね。

さつまいもで注目すべき栄養素は「ヤラピン」というものです。
これはさつまいもを切った時にでてくる白い乳液に含まれているのですが、
このヤラピンはさつまいもにしかない栄養素なんです。

さつまいもは、食べると次の日にお通じがあったりしますが、
含まれている食物繊維のおかげでもあるのですが、
ヤラピンの効果でもあります。

ヤラピンには、腸の動きを活発にして便を促す効果があり、
食物繊縫とあわさって、その効果はさらにアップします。

さつまいもの美容効果について

さつまいもにはこれ以外にも、多くのビタミンが含まれています。

特に多いのが「ビタミンB群」。

効果としては、ビタミンB1の働きとして
・疲労回復
・ストレス解消
・アルツハイマー病の改善
といったものが期待できます。

そして「ビタミンB2」。
このビタミンは美容やダイエットに役立ちます。

スポンサードリンク

・成長の促進
・健康な皮膚や粘膜を作る
・脂質を燃焼させる
といった働きがあるので、
・ニキビや口内炎の予防
・脂肪燃焼でダイエット効果
・老化抑制でアンチエイジング
といった効果が期待できます。

また、野菜に多く含まれる「ビタミンC」も多いんです。

サツマイモは、りんごの7倍ものビタミンCが含まれています。

ビタミンCは、美肌には不可欠なビタミンで、
・抗酸化作用で美白効果(メラニン色素を抑える)
・コラーゲンの生成で弾力のある肌に
という効果が期待できます。

さらにすごいのが「ビタミンE」。
さつまいも1本で1日分のビタミンEが摂取できるほどです。

ビタミンEの働きとしては、抗酸化作用があり、
老化の大敵である活性酸素を抑えてくれます。

「若返りビタミン」とも呼ばれていて、アンチエイジングなど、
美容には最適なビタミンです。

その他、
・生活習慣病の予防
・がんの予防
・更年期障害の改善
・冷え性予防
と、女性にとっては不可欠なビタミンなんですね。

さつまいもは皮もすごい?

最後に「さつまいもの皮」に含まれている栄養素です。
皮は焼き芋で食べるときでも食べずに捨ててしまう方も多いと思います。

でも栄養分が多いのは「」の付近なんです。

上であげたヤラピンも皮の周辺に多くなっているので、
便秘解消なら皮ごと食べるようにしましょう。

また、さつまいもで気になる「おなら」ですが、
皮ごと食べると消化が早まるのでおならが出にくくなります。

メリットはいっぱいあるんですね。
調理法に工夫が必要ですが、ぜひ皮ごと食べたいですね。

まとめ

ただの芋かと思っていたサツマイモですが、
すごい栄養のある野菜だったんですね。

しかも美容効果がすごいので、女性にはぜひ、という野菜ですね。

スポンサードリンク

 - 食べ物 , ,