扇風機の効果的な使い方!もっと涼しくなるポイントは?

   

夏の暑いときに活躍するのが「扇風機」。

最近ではエアコンが主流ですが、エアコンが苦手な方とか、
またはエアコンとの併用とかで、まだまだ扇風機を使う場面は多いと思います。

でも・・・扇風機をつけているのに、全然涼しくない。
窓を開けて扇風機をつけてても、風が吹かずに暑い空気を回してるだけ、
みたいなことってありませんか?

そこで、もっと涼しくなれる扇風機の効果的な使い方について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


扇風機の効果的な置き場所について

扇風機を置く場所を工夫することで、部屋をもっと涼しくすることができます。

ここではエアコンを使わない場合で、窓を開けた状態で涼しくする方法を紹介します。

窓際に置く方法(内向き)

これは外の気温が室内より涼しい場合に効果的です。

扇風機そのもので室内の気温を下げることはできませんが、
風をつくると体感温度を下げることができます。

外気温が室内より涼しい場合は、窓を開けてから、扇風機を窓際に置き、
室内に向けて風を送るようにします。

これで外から風を室内にふかせると、部屋が涼しくなりますね。

コツとしては、部屋を対角線上に風が流れるようにすることです。
窓も対角線上に開けると風通しがよくなります。

窓を開けても風が吹かない場合などは窓際に扇風機を置いて、
強制的に外気を取り込むといいでしょう。

窓を開けて風はふくけど、もうちょっと風がほしい、
という場合には、風の通り道の途中に扇風機を置くといいでしょう。

窓際に置く方法(外向き)

これはさっきと置く場所は同じですが、扇風機の向きが逆です。

つまり窓の外に向けて扇風機で風を送ります。

え?それって意味あるの?と思う方もいるかと思いますが、
外に向けて扇風機の風を送ることで、外から風が入ってきます。

スポンサードリンク

どういう理由?と疑問に思うかもしれませんが、
扇風機は羽根を回すことで周囲にある空気を集めて、前に風を送っています。
扇風機を回し続けていると、だんだんと周りに空気が薄くなってきます。

空気が薄くなると、その分だけ他から空気が入ってくるのですが、
これを窓際でやると、室内の空気が扇風機で押し出され、
代わりに外気が入ってきます。

窓を開けても風が吹かない、という場合にはこの方法がおすすめです。

扇風機の風を涼しくする方法

次に扇風機の風自体を涼しくする方法です。

一番簡単な方法は冷水ポットやペットボトルなどに水を入れて凍らせたものを置き、
その容器に扇風機の風を当てる方法です。

簡易的な冷風扇のような形ですね。
方法は簡単ですが、意外と効果があります。

ポイントとしては、容器と扇風機の距離を少し開けて風を当てると効果的です。

また、こういった扇風機につけて冷たい風を送るグッズもあります。

まとめ

扇風機の工夫するともっと涼しくできるので、
いまいち効果が感じられない場合などは参考にしてみてください。

スポンサードリンク

 - 季節 ,