江差姥神大神宮渡御祭2017の日程・駐車場と山車の巡行コースについて

      2017/04/12

8月になると全国各地で夏祭りがたくさん開催されます。

北海道の江差で開催されるのが「江差姥神大神宮渡御祭」です。
姥神大神宮渡御祭は、「うばがみだいじんぐうとぎょさい」と読みます。

約370年の歴史があるお祭りで、蝦夷地最古の祭りとされていて、
江差町3大まつりの1つとなっています。

この江差姥神大神宮渡御祭の日程や見どころ、
特徴的な山車の巡行コースについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


江差姥神大神宮渡御祭の日程・アクセスと駐車場は?

2017年の江差姥神大神宮渡御祭の開催日は、
8月9日(水)から8月11日(金)
となっています。

場所は、姥神大神宮の周辺で行われます。

会場へのアクセスは、
電車の場合、
JR函館駅からバスで1時間50分、「フェリー乗場前」下車から徒歩1分
車の場合、
函館新道函館ICから国道227号経由で1時間30分(道の駅江差より車で6分)
となっています。

駐車場は無料駐車場が200台分あります。
(江差追分会館・江差町役場・海の駅開陽丸など)

場所から、車での移動がおすすめです。

お祭りのスケジュールは、
8月9日が宵宮祭
8月10日が下町巡行
8月11日が上町巡行
となっています。

スポンサードリンク

江差姥神大神宮渡御祭の見どころは?

江差姥神大神宮渡御祭の見どころは、やはり「山車(ヤマ)」です。

神輿の後ろをお囃子の調べに乗りながら、13台の山車が巡行していきます。
この山車が一同に終結するところが見どころで、
次々と山車が新地町繁華街に集まる最終日の夜は、
引き手と見物客が一体となり、祭りが最高潮に盛り上がります。

また屋台なども出店され、行列ができるなどにぎわいます。

山車の巡行コースについて

10日の下町巡行は、
発輿祭(11:00~)
姥神大神宮前(12:00~)
神輿渡御行列出発(12:30~)
姥神大神宮前出発(13:00~)
町会所会館前(13:30)
豊部内橋前(14:05)
南高校前(15:25)
(山車夕食)
愛宕を折返(19:10)
愛宕見せ場(19:45)
姥神大神宮前(21:00)
姥神大神宮前解散(~22:45)
となっています。

11日の上町巡行は、
発輿祭(10:00~)
神輿渡御行列出発(11:20~)
姥神大神宮前出発(11:50~)
津花国道出口(12:35)
茂尻旧国道入口(12:55)
駅下坂交差点(13:50)
柏森神社前(14:45)
南が丘小学校前通過(15:45)
文化会館前通過(16:25)
(山車夕食)
橋本町バス停前(19:15)
前田製菓前通過
松の湯交差点(20:45)
新地見せ場着(21:55)
新地見せ場解散(~23:00)
となっています。

長時間に渡り長い距離を移動するため、
いろいろな場所で観覧することができます。

スポンサードリンク

 - 観光 , ,