ナッツ類の美容効果とは?ダイエットにも?栄養と効能について

   

ピーナッツやカチューナッツなどのナッツ類ですが、
普段から食べていますか?

ナッツというと、おつまみとか、ちょっとしたおやつ的な存在ですが、
カロリーが高いとか、いっぱい食べるとニキビなどの吹出物ができるとか、
マイナスのイメージがある方も多いんじゃないでしょうか。

ただ、このナッツ類。
健康にも美容にもいい効果があるんです。

そんなナッツ類の栄養と美容効果について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


ナッツ類の栄養と効能について

ピーナッツなどのナッツ類には、
多くの栄養素が含まれています。

ビタミンB1

ビタミンB1ですが、このビタミンは糖質をエネルギーに変える手助けをする働きがあります。

食欲不振の解消や疲労回復などに効果が期待できます。

ビタミンE

ビタミンEは、細胞を強くし動脈硬化などの予防や、
老化を防ぐ効果があります。

また、血流をよくする効果もあるので、
冷え性の改善にも期待できます。

ビタミンEは体内で作ることができないので、
食べ物から摂取する必要があるビタミンです。

食物繊維

ナッツに食物繊維のイメージはあまりないですが、
食物繊維も含まれています。

食物繊維は便秘の解消に効果が期待できます。

ナイアシン

肝臓内でたんぱく質や脂肪、炭水化物の代謝を助ける働きがあります。
二日酔いを解消する効果もあります。

脂肪分

ナッツ類の脂肪分が気になる方もいるかと思いますが、
ナッツに含まれる脂肪分は、リノール酸やオレイン酸が多いため、
悪玉コレストロールを減らし、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

スポンサードリンク

ナッツ類の美容効果について

ナッツにはいろいろな栄養分がありますが、
美容にも効果が期待できます。

特に美容に効果がある栄養素としては、
ビタミンB2」があります。

ビタミンB2は、肌や髪の新陳代謝を促し、
皮膚に潤いを与える効果があります。

若返りやアンチエイジングにも効果が期待できますね。

他にも、「ビタミンE」と「コエンザイムQ10」で、
抗酸化作用があり、肌の老化を抑えてくれる働きがあります。

ビタミンF」は、血液の老廃物を取り除き、皮膚の粘膜を活性化させます。
結果として、肌のハリや、しみ、ニキビの改善に効果があります。

また、「ビタミンC」も含まれていて、
シミなどの改善に効果があります。

ナッツ類は美容や美肌に効果的ですが、
カロリーが気になる方も多いと思いますが、
高カロリーのイメージのあるナッツですが、
普通のおやつやスイーツなどと比べるとかなり低いカロリーとなっています。

また、食物繊維の効果もあるので、おやつの代わりにナッツ類を食べることで、
ダイエットのサポートにもなります。

ナッツ類は一日どれくらい食べればいい?

ナッツ類の美容効果があるのですが、
どれくらい食べれば効果があるのでしょうか?

一般的に目安として1日に20〜30粒程度がいいとされています。
欲張って食べ過ぎるとカロリーオーバーになるので、
ほどほどに食べると効果的になります。

スポンサードリンク

 - 食べ物 , , , ,