修学旅行バッグは中学生だと大きさはどれくらい?オススメは?

   

今年、子供に修学旅行の予定があって、そろそろ準備しなきゃ・・・
という方もいるんじゃないでしょうか。

旅行慣れしている方なら問題ないですが、
長期の旅行は初めて・・という方ならいろいろと迷うことも多いかと思います。

その1つがバッグですね。
学校が指定しているバッグなら問題はないですが、
何か買っておかなくちゃ・・・という場合には、
どんなバッグ買えばいいの?となりますね。

そんな修学旅行バッグの選び方として、
・バッグの大きさ(宿泊日数別)
・他の用途に兼用できるか
・高校ではどうか
について書いていきます。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


修学旅行のバッグの宿泊日数別オススメの大きさ

修学旅行バッグの大きさとしては、
中に入る荷物の量となります。

といっても、修学旅行でどこに行くかによって
当然変わってきます。

日数が長いほど大きいバッグが必要ですし、
海外にもなるとさらに荷物が増えますね。

また、季節によっても多少変動します。
(夏服よりも冬服のほうがかさばりますよね)

じゃあ面倒だから大きめのやつ買っておけば・・・
と思いがちですが、大きすぎるバッグは重いし邪魔ってことにもなりますので、
やはりほどほどの大きさのものにしたいところです。

さて、だいたいの大きさですが、宿泊日数別の目安としては、
1泊~3泊なら25L~35Lぐらい、4泊~5泊なら35L~55Lぐらい
6泊~1週間だと55L~70L
となってます。

バッグにはチャックの開け閉めで容量が変えられるものもありますので、
そういうバッグにするのもオススメです。

修学旅行バッグの他のポイントは?

ただ、大きさだけでバッグを選ぶわけでないですよね。

その他いろいろのチェックポイントを挙げてみます。

スポンサードリンク

まずは、持ち運びやすさです。
修学旅行なので、そのバッグを持って移動します。
なので、持ち運びにくいバッグだと大変ですよね。

なので、バッグを肩から下げるのか、手に持つのか、
などでバッグの種類も変わると思います。

あとは、バッグなので当然デザインも選ぶポイントですね。
ただ、学校によってはあまり派手なのはNGとか、
決まりがある場合はそれに合ったものにする必要があります。

修学旅行では市内観光や施設見学、おみやげのための買い物時間などの都合から、
学校側から「小さめのかばんを持参する」といった指示がある場合もあります。

そういう場合にも、大きさはまた基準が変わりますので、
検討してみてください。

と、ここまでいろいろと条件など挙げていきましたが、
修学旅行バッグで人気というか定番なのは
大きいものだと「ボストンバッグ」、小さめだと「リュック
ですね。

兼用はできる?高校になっても使える?

ただ、せっかくバッグを1つ買うんだから、
他の用途にも使いたいよね・・・と思いたくなりますよね。

どうせなら、遠足など他の学校行事でも使えないか・・とか、
高校になっても使えるのがいい・・とか、
部活動でも使えないか・・とか
いろいろと用途は思いつきます。

実際、兼用している人は多いようです。
例えばリュックなら遠足にも使えますし、
ボストンバッグなら部活動でも使えますね。

高校になっても使えるのか・・・については、
実は中学生でも高校生でもあまり変わりはありませんので、
十分兼用はできると思います。
(お子さんが嫌がらなければですが・・・)

なので、兼用なども考えると
しっかりとした大きさを変更することができるボストンバッグが1つあれば
かなり使い道も多いかと思います。

まとめ

というわけで、修学旅行のバッグ選びとしては、
宿泊日数によって大きさの目安が変わる、
バッグの兼用は十分可能、
となります。

スポンサードリンク

 - 行事 , ,