遮光カーテンの1級と2級の違いは何?効果と使い分けについて

   

どの部屋にも窓にカーテンはついていると思いますが、
遮光カーテン」を使っている方も多いと思います。

日差しが強いとか、夜外が明るいから安眠のためとか、
いろいろ使う理由はあると思います。

ただ、実際遮光カーテンを買おうと思っても、
遮光カーテンには種類があるんですね。

遮光カーテンには1級、2級、3級があります。

これって2級より1級のほうがいいのかなぁ・・・とか、
思ってしまうのですが、正直よく分からない方も多いと思います。

そこで遮光カーテンの級による効果の違いと、
使い分けについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


遮光カーテンの級による違いは?

遮光カーテンの級数は、具体的には遮光できるレベルによって決まっています。

1級が遮光率99.99%以上
2級が遮光率99.80%以上
3級が遮光率99.40〜99.80%未満

となっています。

数字だけでは分かりにくいですが、
1級の場合、ほぼ完全に光を遮断します

スポンサードリンク

そのため、完全に真っ暗にしたい場合か、
西日が強いなどの場合などに効果的です。

2級では、光はかなり遮断するのですが、
強い日光などが当たると少し透けて見えます

3級は、うっすらと光が入ってきます

そのため、寝室など完全に真っ暗にしたいなら1級、
少しは光を入れたい場合は3級などと使い分けるといいでしょう。

遮断カーテンの級数による価格の差は?

遮断カーテンは級数によって遮光率が変わるのですが、
級数によって価格は変わるのでしょうか?

イメージでは1級のほうが値段が高そうですが、
いろいろ調べてみたところ、実は級数による価格の差はほとんどありません

だから、ほんとは1級にしたいけど安いから2級に、
といった心配はいらなさそうです。

遮断カーテンの級数は完全に用途によって使い分けるといいようですね。

まとめ

遮断カーテンは上手く使うと夏場の電気代の節約にもなったりするので、
うまく選びたいですね。

スポンサードリンク

 - 悩み , , ,