冷蔵庫の側面が熱い!これは故障?冷やす方法は?

   

夏場は部屋が暑い!
ということはよくありますが、それにしても暑いというときがあります。

たまに冷蔵庫を触ったりすると、側面の辺りがかなり熱くなっていることがあります。

これって故障なの?古くなってるの?
と疑問に思っている方も多いようです。

そこで側面が熱いのはなぜなのかと、
対策法などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


冷蔵庫の側面が熱いのは故障?

結論を先に言うと、これは故障ではありません
「そういうもの」
です。

まず最近の冷蔵庫がどうやって冷やしているか、ということですが、
冷蔵庫は「冷媒」が入ったパイプが冷蔵庫の中に何本も張り巡らせています。

この冷媒が冷蔵庫内の熱を奪うのですが、その後冷媒は当然熱くなります。

熱くなった冷媒は当然熱を逃さないといけないのですが、
この熱は放熱板から外に逃がしています。

スポンサードリンク

昔の冷蔵庫はこの放熱板は裏側についていたのですが、
最近の冷蔵庫は裏側にもあるのですが、側面についています。

そのため、冷蔵庫の側面が熱くなるんですね。

特に夏場は室温が高いため、冷蔵庫はフル稼働状態になります。
その結果、普段より側面が熱くなる、という訳なんですね。

だから冷蔵庫の側面が熱い場合は、故障ではなくて、かなり頑張っている状態と言えます。

対策方法は?

とはいえ、やっぱり気になりますよね。
しかも、その熱で室温が上がっているようにも思えます。

そこで出来る対策方法ですが、まずは冷蔵庫の周辺には少し空間を空けるようにします。
壁などにきっちりとつけていると、熱が逃げにくいため、側面などは熱いままになります。

また、室温自体を下げるのも対策の1つです。
室温が暑いと、冷蔵庫はさらに稼働しますので、エアコンや風通しをよくすることで、
室温を下げれば冷蔵庫の側面の熱も下がります。

まとめ

また、冷蔵庫に物を詰め込み過ぎない、というのも対策の1つですね。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,