ぱっくり割れが指や手のひらにできる原因は?予防法と治し方について

   

乾燥するとなってしまうのが「ぱっくり割れ」。

指の間などや、ひどいときには手のひらにもできてしまいます。

こうなってしまうと、水につけるとしみるし、
手を動かすだけでも痛いので大変ですよね。

一刻も早く治したいものですが、完治するまでに時間がかかってしまいます。

そこで、ぱっくり割れ・ひび割れが起こる原因と予防法について、
さらになってしまった場合の治し方について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


ぱっくり割れが起こる原因は?

ぱっくり割れやひび割れが起こるのは、
たいてい手荒れが原因となっています。

この手荒れがだんだんと悪化していきひび割れにまで発展します。
たいていは指先や指の間、さらに進行すると手のひらにまでできてしまいます。

手荒れの原因としては、
・水仕事
・洗剤が肌に合っていない
・乾燥している
・血行が悪い
というものがあります。

冬場などに起こりやすいのは、乾燥しているのに加えて、
寒いため指先などの血流が悪くなっているからなんですね。

スポンサードリンク

ぱっくり割れの予防法は?

ひび割れやぱっくり割れは、原因となっているものを取り除くことが効果的です。

まずは乾燥しないように保湿することと、
またハンドクリームなどでのスキンケアも予防になります。

また水仕事をするときに手袋をつけたり、
洗剤は薄めにして使用したりすると手荒れが防げるでしょう。

また、かゆくなってもできるだけかかないようにしましょう。

ぱっくり割れの治し方は?

予防していてもどうしてもなってしまう場合があります。
その場合の治し方です。

まずは患部をお湯で温めたあと、軟膏などを塗って保湿させます。
そして、マッサージなどをしてできるだけ血行をよくします。

その後はできるだけ水は使わないようにします。

ぱっくり割れは原因が乾燥と血行なので、そこを改善させれば治っていきます。
ひび割れが完治するまでは、割れやすい状態なので注意しましょう。

まれにひび割れしたときに、接着剤を使う方がいるようですが、
これはおすすめできません。

理由としては、まず接着剤で傷がふさがっても治すことができないことと、
結果的に傷の回復が遅れることがあります。

保湿と血行をよくした上で自然回復を待つのが一番です。

ただし、どうしても症状がひどい場合などは病院で診察を受けましょう。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,