二日酔いの原因は?つらい吐き気と頭痛の治し方について

   

次の日も仕事なのに飲み会で調子に乗ってつい飲み過ぎてしまった・・・。

こういうことってありますよね。
それで困るのが「二日酔い」です。

休日なら治るまで寝ていればいいのですが、
仕事となるとそうはいきません。

こんな困った二日酔いを素早く治す方法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


二日酔いが起こる原因は?

そもそも二日酔いはなぜ起こるのでしょうか?

それには、体内に入ったアルコールがどのように分解されるかが関係します。

まず、体内に入ったアルコールは、胃や小腸から肝臓に送られます。
そこで、アルコールを酢酸と二酸化炭素水にまで分解するのですが、
その過程で、「アセトアルデヒド」という有害物質ができてしまいます。

このアセトアルデヒドの血中濃度が高くなると、
二日酔いの症状を引き起こします。

肝臓で分解できるアセトアルデヒドの量には限界があるため、
分解が追いつかなくなると血液中のアセトアルデヒドの濃度が上昇してしまいます。

こうなると、二日酔いの症状が出てしまいます。

二日酔いの治し方は?

それでは二日酔いの治し方です。
ポイントは血中のアセトアルデヒドの濃度を下げることです。

熱いシャワーを浴びる

熱いシャワーを浴びると血流が良くなるため、アルコールの分解が早まります。
ただし、あまりにも具合が悪い場合はやめておきましょう。

水分補給をする

アルコールの分解には水分が必要になるため、
二日酔いの場合は普段よりも水分不足の状態になっています。

スポンサードリンク

朝起きたらすぐに水分を補給しましょう。

もし水を飲んでも吐き気があるのなら、いっそ吐いてください。
これは「胃のうがい」と言われるのですが、吐けるものがなくなると症状が落ち着いてきます。

ただし、冷たい水をいっぱい飲むのはやめてください。
冷たい水は体内に入ると胃に留まり、体温と同じくらいの温度になるまで吸収されません。

水分補給する場合は常温の水か、温かい飲み物がいいでしょう。

病院で点滴を受ける

二日酔いがあまりにもひどい場合は、病院で点滴を打ちます。

点滴で直接血管にブドウ糖液を流し込むことで、体内のアルコール濃度を下げ、
さらにアルコールを分解する際に必要な水分と糖分を補給します。

頭痛の治し方について

二日酔いの頭痛の原因には、いくつか種類があります。

それは、
・アデノシン
・脱水症状
・低血糖症
・アセトアルデヒド
です。

頭痛の解消には原因に合わせた対処法が必要になります。

アデノシンが原因の場合

頭がズキズキするのが特徴です。

治すには血管を収縮させる必要があります。
対処法としては、コーヒーや牛乳を飲むと、
血管を収縮させる効果があるため、効果的です。

低血糖、脱水症状が原因の場合

低血糖や脱水症状が原因の場合、水分と電解質、糖分を取る必要があります。

この頭痛にはスポーツドリンクや果実ジュースなどが効果的です。

アセトアルデヒドが原因の場合

アセトアルデヒドは分解しないと体内からなくすことができません。

アセトアルデヒドの分解を早めるには、
シジミの味噌汁や卵、ゴマなどが効果的です。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,