柚子の栄養と効能は?皮と種も使えるの?

   

柚子(ゆず)」は料理のメインにはならないですが、
ちょっとしたアクセントとしては役立ちますよね。

香りがいいので、料理なんかにも使えます。
また、冬至にはゆず湯に使う方も多いんじゃないでしょうか。

ただ、ゆず入りポン酢などは使うけど、柚子をそのまま1個買ってきても、
使い道に困る場合があります。

果汁を絞るだけ?と言う印象ですが、
いろいろ使い道があるんです。

そこで、柚子の栄養と効能
皮や種の使い道について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


柚子の栄養と効能は?

まずは柚子の栄養分についてです。

柚子はまず、ビタミンCが豊富です。
これは皮の部分に多く含まれています。

ビタミンCと言えば、美肌効果や風邪の予防にいいですね。

あとは果汁と果肉にはクエン酸が多く含まれています。
クエン酸はみかんの3倍含まれています。

クエン酸とえいば、疲労回復の効果が有名ですね。

その他の栄養素としては、
血行をよくしてくれる「リモネン」、
粘膜系を強くしてくれる「βカロテン
が多く含まれています。

スポンサードリンク

・風邪の予防
・肌荒れ
・冷え性
などに効果が期待できますよ。

柚子の皮と種の使い方について

柚子をまるごと買ってきても、
せいぜい果汁を絞って使うだけ、という方も多いんじゃないでしょうか。

これはかなりもったいないです。

皮や種も使うことができます。

まず使い道がなさそうな「」です。

種はさすがに食べられないですが、
化粧品として使うことができます。

柚子1個分の種を洗わずに瓶などに入れ、
水を100ml程度入れておきます。
(水は水道水じゃないようがいいです)

これをだいたい1週間ぐらい寝かせておくと、
ハンドクリームとして使えます。

洗い物のあとなどに使うと、手荒れの予防として使えます。

次は「」についてです。

皮は食べることもできます。
細かく切って薬味に使えます。
密閉容器に入れて冷凍保存すれば長く使えますよ。

また、皮はゆず湯に使えます。
これは皮を手でちぎってお風呂に入れるだけです。

柚子のエキスが体を温めてくれます。

まとめ

柚子は、冬場に起こる風邪や冷え、手荒れなどにいいですね。
種も皮も使って冬を乗り切っちゃいましょう。

スポンサードリンク

 - 食べ物 , ,