神社への参拝は喪中にやってもいい?喪中のマナーについて

   

新年になると神社などに参拝に行く方も多いと思います。

ただ、気になるのが喪中だった場合です。

喪中に年賀状を送るのはNGというのは有名なため知っている方も多いと思いますが、
神社への参拝はどうなのでしょうか?

そこで、喪中の神社への参拝はやっていいのかどうか、
など喪中のマナーについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


喪中に神社に参拝に行ってもいい?

さて、喪中の神社への参拝についてですが、
実は特に問題はありません。

忌中であれば参拝はNGなのですが、喪中なら問題ありません。

喪中と忌中の違いですが、
喪中とは、亡くなった方への哀悼を表す期間のことで、
大体半年から1年とされています。
(はっきりとした日数が決まっているわけではありません)

スポンサードリンク

そして、忌中とは、死の穢れがある期間とされていて、期間は50日間です。

喪中・忌中にやってはいけないことについて

他にもいくつか喪中や忌中にやってはいけないことがあります。

まずは「厄除け」です。
厄除けは厄年などにする方が多いと思いますが、
厄除けは喪中にはOKですが、忌中はやめておいたほうがいいようです。

ただ、神社によっては喪中は断られる場合があるため、
一度確認したほうがいいでしょう。

喪中にやってはいけない事で有名なのが年賀状ですが、
門松、鏡餅などもやってはいけないようです。

祝いの席への出席や旅行、お中元やお歳暮は、
忌中を過ぎればやっても問題ないそうです。

まとめ

忌中はやってはいけないことがいろいろありますが、
喪中であればそれほど多くないようですね。

スポンサードリンク

 - 行事 , ,