マンション・アパートの1階で洗濯物を干す場合の対策方法は?

マンションやアパートの1階に住んでいると、洗濯物を外で干したりすると、
周囲から丸見えになるので、干すのを躊躇してしまいがちです。

かといって、部屋干しにすると、洗濯物があまり乾かないし、部屋も湿気が増えてしまいます。

これは1階で住む人にとっては悩みのタネです。

そんな1階で洗濯物を干す場合の対策方法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


スポンサーリンク

1階で洗濯物を外で干す場合

マンションやアパートのベランダでは、洗濯物用の竿をかける場所が比較的低い位置にあることが多くなっています。
これは、洗濯物を干しやすいのですが、逆にいうと、外から見えやすくなってしまいます。

また、1階で洗濯物を干すと、洗濯物を盗まれることもあります。
これは外から少し手をのばすだけで、盗むことができてしまうからですね。

特に女性の一人暮らしの場合は注意する必要があります。

こういった危険性をなくすには、どうしても部屋干しになってしまいます。

ただ、やっぱり洗濯物は外で干したい!
という気持ちも分かります。

そこで、外から見えにくくするための対策が必要になります。

ベランダの中を見えなくする方法

方法の1つとしては、ベランダの中を外から見えにくくすることです。

少しお金がかかりますが、ベランダ用の目隠しの網を張ってから、洗濯物を干すようにします。

ベランダ用の目隠し網は、ネット通販などで2〜3000円ぐらいで売っています。

また、日よけ目的のサンシェードをつけてその内側に干すという方法もあります。

夏場などの日よけに使うものですが、内側は見えないので、その内側で干すと洗濯物が外から見えにくくなります。

ただ、直射日光は洗濯物に当たらなくなるので、少し乾きにくくなるかもしれません。

スポンサードリンク

洗濯物だけを隠す方法

ベランダそのものを隠す方法もいいのですが、なんだか圧迫感があるので嫌という人もいると思います。

こんな場合におすすめなのが、ランドリー型になっている洗濯物カバーです。

普通に洗濯物を干した後、その上から洗濯物カバーを被せ、洗濯物だけを覆います。
これだとベランダ全体を覆う必要もないですし、洗濯物が丸見えになることもなくなります。

また、洗濯物を花粉や埃などから守れるのもいいですね。

防犯面からの洗濯物

1階で洗濯物を干すと、外から見えてしまいます。
カバーをつけると洗濯物そのものは見えにくくなりますが、洗濯物を干しているということは分かってしまいます。

これは防犯面からあまりよくありません。

例えば、ずっと洗濯物を干したままにしていると、留守なのがバレてしまいます。

そのため、もしカバーなどで隠した場合でも、洗濯物はきちんと取り込みましょう。

女性の一人暮らしが1階で洗濯物を干す場合、男性物の下着を一緒に干すといい、
という話を聞いたことがある人も多いと思いますが、これは一長一短があります。

男性物の下着を見えやすい場所に干して、それで他の洗濯物を隠すという方法なのですが、
これは、短期的には効果があるのですが、いつも同じ男性物の下着を干していると、カムフラージュだとバレてしまいます。

何パターンが違う男性物の洗濯物を干すという方法もなくはないのですが、
手間がかかるので、洗濯物そのものを見えなくするほうがいいでしょう。

スポンサードリンク