乳酸キャベツとは?効果と作り方について

      2016/11/19

最近テレビや雑誌などで取り上げられている「乳酸キャベツ」。
いろいろと体にいい効能があるようですね。

そこで今回はこの「乳酸キャベツ」の作り方と効果・効能などについて紹介します。

乳酸キャベツとは?

乳酸キャベツは、ドイツでは国民食と呼ばれるほどのもので、
ドイツ語では「ザワークラウト」と呼ばれています。

キャベツに塩を加えてできる発酵保存食で、
冬の間の保存食としてかかせないものとなっています。

キャベツには植物性乳酸菌が付いていて、それを発酵させることで、
乳酸菌が増殖します。

キャベツは食物繊維も豊富で、ビタミンも、
ビタミンU、ビタミンB、ビタミンCなどが豊富です。

乳酸キャベツの効果・効能は?

乳酸キャベツの一番の効果は、腸内環境を整えることです。
キャベツには多くの食物繊維が含まれるため、便秘解消につながります。

また、キャベツに含まれるビタミンU(別名キャベジン)は、
肝臓の解毒作用を活性化させるため、デトックス効果が期待できます。

腸内環境が整うことに加えて、ビタミンB、ビタミンC、ギャバなどの効果で、
美肌効果も期待できます。

また、カロリー燃焼を促進する作用もあるため、ダイエットにも効果が期待できます。

スポンサードリンク

乳酸キャベツの作り方は?

乳酸キャベツの作り方は実は簡単です。

まず材料ですが、
キャベツ1玉に対して、粗塩が小さじ4、
きび砂糖が小さじ1/2
の割り合いが目安です。

また、スパイス類を加えるのもおすすめです。

作り方は、
まず、キャベツの外葉がある場合は剥いてから、
4等分にして芯を切り落として洗い、水気をきって千切りにします。

細かいほど発酵しやすくなります。

次に、まずは袋に半分の量のキャベツを入れ、
半分の量の塩を入れて混ぜます。

その後、残りのキャベツと塩、として砂糖を加え、
袋の上からなじませるようによくもみます。

大きめの密閉袋1枚に、ちょうどキャベツ1個分が入ります。

次に、手でギュッと押して、余分な空気を抜きます。
(空気の量が多いと発酵がすすまないため、きちんと空気を抜きます)

その後、袋の口を閉じ、重しをのせて常温で置いておきます。
(重しは500mlのペットボトル3本分程度)

発酵させるのに、だいたい3〜6日間程度置いておきます。
時々味見をしてみて、酸味があり、泡(炭酸ガス)が出ているなどがあれば、
発酵しています。

その後、清潔な瓶などに中身を移します。

その後は冷蔵庫で保存します。
日が経つごとに酸味がでて旨味が深くなっていきます。
だいたい冷蔵庫で1ヶ月程度保存できます。

使い方としては、そのまま食べてもいいですし、
肉やソーセージなどと煮込んでもおいしく食べられます。

スポンサードリンク

 - 食べ物