新生姜の時期はいつまで?生姜との違いは?美味しい食べ方について

   

夏が近づくとスーパーなどに並ぶのが「新生姜」。

売ってるのは知ってたけど、いまいちどうやって食べたらいいか分からない、
って方も多いかと思います。

栄養や美味しい食べ方についても調べてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


新生姜の時期はいつからいつまで?

新生姜とは、生姜の植付けに使ったひね生姜の上の部分にできた新しい根の部分です。

生姜に比べて辛味がまろやかで、みずみずしさがあります。

新生姜がスーパーなどの店頭に並ぶのは、
だいたい6〜8月ぐらいです。

初夏の食べ物ですね。

新生姜で有名な岩下の新生姜は7月が旬なんだとか。

とはいえ、生姜は現在ではハウス栽培もされているので、
新生姜自体はあるようですね。(店頭には並ばない)

新生姜と生姜は栄養などは違う?

生姜にはいろいろな健康にいい効能がありますよね。

体を温める作用だったり、
消化促進、殺菌作用などなど、
生姜は最近見直されていますが、
新生姜はこういった効能や栄養素は異なるのでしょうか?

調べてみたところ、
特に栄養素に大きな違いはないそうです。

スポンサードリンク

なので、味(辛味が穏やかとか)や食感(みずみずしさ)が違う、
という認識でいいようです。

美味しい食べ方について

新生姜は、料理の薬味としてだけでなく、生姜そのものの味を楽しむことができます。
代表的な食べ方としては、甘酢漬けです。

お寿司屋さんにあるガリが有名ですが、
これは新生姜をお酢で漬けたものです。

ただ、甘酢漬けにするだけではなく、
料理としても使えます。

美味しい食べ方としては、「生姜ごはん」があります。

作り方はかんたんで、油揚げと新生姜を米と一緒に炊き込むだけです。
味付けはめんつゆを少々でOKです。

ただ、料理にするにしても、余ってしまうことがありますよね。
そういう場合は、冷凍保存してしまいましょう。

千切りにしたり、すりおろししたりして、
小分けにして冷凍しておいて、
使いたい分だけ解凍して使うことができますよ。

まとめ

他にも料理レシピがあるみたいなので、
今年はいろいろ挑戦してみようかな。

スポンサードリンク

 - 食べ物 , ,