日本一さくらんぼ祭り2017の日程・見どころと駐車場・交通規制について

   

さくらんぼの産地というと山形県が有名ですね。
そんな山形県でさくらんぼのお祭りが開催されます。

日本一さくらんぼ祭り」という名前で2017年で6回目となる、比較的新しいイベントです。
まだ新しいお祭りですが、来場者数は約12万人も訪れるお祭りとなっています。

今回は、この日本一さくらんぼ祭りの日程・見どころや駐車場などについて紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


日本一さくらんぼ祭りの日程・アクセスについて

2017年の日本一さくらんぼ祭りの日程は、
6月17日(土)〜18日(日)
となっています。

時間は、
17日が10:00〜17:00、
18日が10:00〜16:00
となっています。

場所は、
17日が、文翔館前、歩行者天国会場(東北電力前からやまぎんホール前)
18日が、文翔館前、歩行者天国会場(山形銀行本店からやまぎんホール前)
で開催されます。

会場へのアクセスは、
JR山形駅から徒歩20分、山交バス・100円循環バス 臨時停留所下車
となっています。

お祭り期間中は、山形県庁から会場まで無料のシャトルバスが運行されます。

また、期間中は大通りが歩行者天国になるため、周辺では交通規制があります。

日本一さくらんぼ祭りの駐車場について

お祭り期間中は、山形県庁から無料シャトルバスが出ているので、
山形県庁構内の駐車場を利用するのがおすすめです。

ただ、この駐車場は午前中に満車になることがあります。

他にも会場周辺には、いくつか有料駐車場があるので、そこを利用してもいいでしょう。

会場となる文翔館の隣にある県営駐車場や食料会館駐車場は、
収容台数が比較的多いのでおすすめですが、混雑するようです。

当日は大通りが歩行者天国になるので、大通り周辺の駐車場はアクセスしにくくなるので注意が必要です。

スポンサードリンク

また、山形駅東口のバスターミナルから、15分おきに100円循環バスが運行しています。
そのため、山形駅周辺に駐車してバスで移動するのもいいでしょう。

日本一さくらんぼ祭りのイベント内容と見どころについて

日本一さくらんぼ祭りの期間中は様々なイベントが開催されます。

文翔館会場で開催されるイベントは、
17日が
・オープニングセレモニー御輿渡御(10:00〜)
・やまがた土産高校生スイーツコンテスト
・新さくらんぼグッズ販売
・山形交響楽団アンサンブルコンサート
18日が
・やまがた愛の武将隊
両日開催されるのが
・さくらんぼ物知り館
・山形ご当地グルメフェス
・県産酒の振る舞い
・ステージイベント
・新庄まつり PR
歩行者天国会場で開催されるイベントが、
17日が
・ふるさと芸能のつどい
・学生パフォーマンス
・「やまがたの水」テイスティングコーナー
・山形みらい計画ミニマルシェ
・ダンスコンテスト クルーダンスバトル
両日開催されるのが、
・おいしい山形コーナー
・スポーツ交流
・ダンスショー
となっています。

いろいろなイベントがある日本一さくらんぼ祭りですが、
やはり一番の見どころは「さくらんぼ」です。

さくらんぼの種飛ばし
仮装さくらんぼパーティー
などのイベントもありますが、
流しさくらんぼ
が有名です。

流しさくらんぼは、名前の通り、流しそうめんのように、流れてくるさくらんぼを食べるイベントです。
その長さは30メートルもあり、日本一となっています。

また、流れてくるさくらんぼは有名ブランドの「佐藤錦」です。

流しさくらんぼが開催される時間帯はまだ発表されていませんが、
土曜日の11:30から1時間おきに開催されると予想されます。
(今年は1時間開催時間が早まっているので、10:30の回があるかもしれません)

スポンサードリンク

 - 観光