口唇ヘルペスはうつる?原因と治療法・予防法について

   

疲れているときに起こりやすい、
唇や口の周りにできる小さい水ぶくれ。

これは「口唇ヘルペス」といいます。

軽症だと少しかゆい感じで済むのですが、
重症になると赤く晴れてきてもう大変。

この口唇ヘルペスがなぜできるのかと、
他人にうつるのか?
また、なった場合の治療法とならないようにする予防法を
紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


口唇ヘルペスになる原因は?

口唇ヘルペスは、唇や口の回りに小さな水ぶくれができる病気です。

原因は「単純ヘルペスウイルス1型」に感染したため。

といっても、このウイルスに感染したからといって、
必ず口唇ヘルペスになるわけではありません。

高齢者の多くはすでにこのウイルスに感染しているぐらいなんだとか。

たとえウイルスに感染して免疫ができていても、
疲れていたりして体力が低下していたりなど、
抵抗力が弱っていると再発してしまいます。

このヘルペスウイルスは、一度感染すると、
人の神経細胞の中にずっと潜んでいます。

なので、普段は症状は出ないのですが、
抵抗力が弱くなると、とたんに増殖して症状が出てきます。

口唇ヘルペスは他の人にうつるの?

口唇ヘルペスの原因はウイルスの感染なのですが、
ウイルスというと気になるのが
他の人にうつるの?
という点です。

この口唇ヘルペスの単純ヘルペスウイルス1型ですが、
かなり感染力が高いので、
残念ながら他の人にもうつります

他の人にもうつりますし、自分自身の他の場所にもうつったりもします。

なので、他の人にうつさないようにするには、
・できるだけキスしない
・同じコップで飲み回したりしない
・同じタオルを使わない
・口唇ヘルペスを触った手でいろいろ触らない
という点に気をつけましょう。

患部を触った手で目などを触ったりすると、
感染してヘルペス角膜炎になる可能性もあります。
(患部を触ったならすぐに手を洗ってください)

スポンサードリンク

また、お風呂でも感染しますので、
家族がいる場合は最後に入るようにしてください。

また、性器にもうつってしまいます。
(性器ヘルペスといいます)

また、相手が赤ちゃんなどの場合、
免疫機能が発達していないため、より感染しやすく、
強い症状が出てしまいますので、
小さいお子さんがいる場合は特に注意してください。

同様に、アトピーの人や、病気などで免疫力が落ちている人などには
感染しやすくなります。

口唇ヘルペスの治療法は?

口唇ヘルペスは一応自然治癒します。

ただ治るまで2週間くらいかかります。

なので自然治癒で治す場合は、
・水ぶくれを潰さないようにする
・かさぶたをはがさない
という点に注意してください。

ただ、2週間の間はずっと口が腫れていたりするので、
人前に出れないので、できるだけはやく治したい!
という場合は皮膚科を受診してください。

おそらく「抗ヘルプスウイルス剤」という内服薬を処方されると思いますが、
これで自然治癒より早く治すことができます。

この内服薬は、症状が出た段階ですぐに服用すれば
回復が早くなりますので、
薬で治す場合はできるだけ早めに皮膚科に行ってください。

口唇ヘルペスの予防方法は?

予防方法といっても、感染される側、
つまり、うつされる側としては、あまりとれる対策がありません。

ただ、家族に口唇ヘルペスの症状が出ているのなら、
そこから広がらないようにすることはできます。

口唇ヘルペスが一番感染しやすい時期は、
水ぶくれの症状が出ている時。

なので、特にその時期は以下の点に注意してください。

・水ぶくれを破らない
・患部を出来るだけ触らない
・患部を触ったらすぐ手を洗う
・感染しているときはタオルを他の人と共有しない
・食器も共有しない
・キスはしない

できるだけ接触はひかえてくださいね。

スポンサードリンク

 - 悩み , , ,