スマホの画面のキズを消すための簡単な方法とは?

もう生活にかかせないものになってしまった「スマートフォン」。
スマホもかなり普及したので、もうほとんどの方が使っているのではないでしょうか。

このスマホですが、ついうっかり落としてしまったりして、
画面にキズがついたまま使っている方も多いのでは?

修理に出したいところですが、修理費用もバカにならないので、
ついそのまま使っている・・・なんてこともよくあります。

そこでスマホの画面のキズを消す方法について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


スポンサーリンク

歯磨き粉を使う方法

歯磨き粉で画面のキズを消すことができます。
使う歯磨き粉はジェル状のものでなければなんでもOKです。

要するに歯磨き粉の研磨剤で画面を磨くという訳です。

方法は、
まず柔らかい布(メガネ拭きなどがBEST)に歯磨き粉を少しつけます。
そして、画面を円を描くように優しく拭くだけです。

細かいキズならこの方法で消すことができます。

ベーキングパウダーを使う方法

また、歯磨き粉の代わりにベーキングパウダーでも同様に傷が消せます。

まずベーキングパウダーと水を2:1の割合で混ぜ、
ペースト状になったものを柔らかい布につけて、キズの部分を優しくこすります。

ベーキングパウダーの代わりに重曹やベビーパウダーでもOKです。
(使い方は同じです)

サラダ油を使う方法

画面の小さい傷を一時的に隠したい場合にはサラダ油が使えます。
傷の上に一滴たらすだけで、すぐに傷が見えなくなります。

もちろん、オリーブオイルなどでもOKです。

車のキズ消しクリームを使う方法

車のボディの傷を消すためのコンパウンドも同様に使えます。
考え方は歯磨き粉と同じですね。

これも少量を布に付けて円を描くように磨きます。

画面が割れてしまった場合

ここまでの方法は画面に傷がついた場合には有効ですが、
画面が割れてしまった場合には効果はありません。
(サラダ油などは内部に入ってしまうためむしろOUTですね・・)

画面が割れた状態でも使うことができるものとして
スマホの絆創膏
というものが発売されています。

これは液晶の保護フィルムのような透明のシートで、
このシートを本体の側面まで覆うように貼り付けることで、
ガラスの破片などが落ちないようにして使うことができます。

スポンサードリンク

スマホの画面を割らないための予防について

やはりスマホの画面を割らないほうがいいのは当然ですね。
画面が割れる前に予防しておきましょう。

といっても落とし方によってはどうしても割れてしまいますが、
いくつか対策しておくことで落としても助かる可能性が上がります。

まずはケースですね。
最近では裸のまま使う人は少ないでしょうが、何かケースを使ったほうが割れる可能性は減ります。
ケースが邪魔というのならスマホの周辺だけを囲うケースがおすすめです。

また、保護シートも貼ると割れにくくなります。
保護シートの中には強化ガラスを使ったものもありますので、そういったものを貼っておくといいでしょう。

まとめ

以上、いろいろ方法を挙げましたが、
すべて行う場合は自己責任でお願いします。

場合によっては保証の対象外になることもあるので、
傷がひどい場合は修理に出すようにしてください。

スポンサードリンク