大阪メトロの運賃・定期代は変わる?にゃんばろうはどうなる?

日本では4月から年度が変わるので、いろんなことが変わりますよね。

わりと大きな変更もあって、
2018年4月1日から、「大阪市営地下鉄」が「大阪メトロ」に変わります。

単に名前が変わるだけじゃなくて、民営化されるんですよね。

民営化となると、やっぱり気になるのが運賃。
そこで、運賃など、民営化で変わる点について調べてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


スポンサーリンク

大阪メトロの運賃・定期代はどうなる?

まずは一番気になる運賃ですね。

運賃ですが、基本的に変更はありません。

民営化の前に初乗りが200円から180円に値下げされましたが、
民営化のタイミングでは変更はありません。

ちょっと残念ですね。

発表によると、「当面は変更の予定なし」なんだそうです。

当面なので、今後は変更されるかもしれませんが、
しばらくは以前のままとなります。

定期代についても同様です。

大阪メトロになって何が変わるの?

では、大阪メトロになって何が変わるのでしょうか。

変わったのは運営会社ですね。
(民営化だから当然ですね)

実は、それ以外はほとんど変わっていません。(現時点は)

大阪市営地下鉄では、赤字路線が多いのですが、
この路線についても、少なくとも10年間は変更しないそうです。
(それ以降はどうなるかは分かりません)

スポンサードリンク

終電についても、当面は変更の予定がありません。
数年前に終電の時間が伸びましたが、しばらくはそのままになります。
(今後は運営状況次第というところでしょうか)

一番変わるのが「敬老バス」です。

これまでは、敬老バスは年間負担金3000円と乗車1回50円でしたが、
大阪メトロでは、年間負担金がなくなります。
(乗車1回50円は同じ)

ということで、敬老バスを使っていた人は少し得をしますね。

にゃんばろうはどうなる?

大阪市営地下鉄には「にゃんばろう」というキャラクターがいます。

このキャラクターは民営化でどうなるのでしょうか?

すでにホームページからは姿を消していますし、切符のデザインも変更されて、
にゃんばろうは消えていますね・・・。

ただ、駅の掲示板などはそのまま残っているようですし、
しばらくはそのまま、という情報もあります。

「しばらくは」なので、今後は分かりませんが・・・。

いつまでかは分かりませんが、新しいキャラが出てくるまではそのままなのかな?
という感じでしょうか。

まとめ

ということで、大阪メトロに変わりましたが、
敬老バス以外には特に変更はなかったですね。

ただ、今後はいろいろ変わりそうですね。
運営が黒字なら運賃も安くなりそうですが、赤字だと・・・。

スポンサードリンク