台風の名前はどうやって決まる?決め方と由来について

   

毎年秋になると、台風が日本にやってきます。

いろいろと被害もでるため、あまりうれしくはないのですが、
最近では夏でも台風がきたりしますよね。

この台風ですが、毎回疑問に思っていたのが
台風の名前
です。

台風は10号とか12号とか、番号がついていますが、
予報のサイトとかにいくと、それとは別に名前がついています。

だいたいは日本語ではない、どこか別の国の言葉の名前がついているのですが、
これはどうやって決まるのでしょうか?

という疑問があったので、調べてみました。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


台風の名前の由来

昔(戦後まもなくの頃)は、台風には英語の名前がついていました。
最初はアメリカの女性の名前がついていたのですが、
その後は男女両方の名前がつけられるようになりました。

当時はグアム島にある米軍合同台風警報センターというところが名前を決めていました。

ただ、2000年になってからは、
太平洋の東アジアで発生した台風には、東アジア各国で名前をつける
ということになりました。

現在はこの時に決まった方法で名前がついています。

スポンサードリンク

台風の名前はどうやってつける?

現在の台風の名前は、
あらかじめ名前のリストが用意されていて、そのリストの順番で名前をつけていく
ということになっています。

この名前のリストには、東アジアの各国が
その国の言葉でいろいろな言葉をあらかじめ登録しています。

もちろん、日本語の名前もあります。

現在、名前のリストには140の名前があり、
最後まで使うとまた最初から命名されるようになっています。
(ちなみに現在は3週目)

聞き覚えのない言葉の名前がついているのはそのためなんですね。

ただ例外もあって、被害がひどかった台風はこのリストの名前ではなく、
別の名前が使われることがあります。

この記事を書いている時点で台風16号が発生していますが、
その名前が「ATSANI(アッサニー)」。
タイ語で雷という意味だそうです。

ちなみに次に使われる名前は「Etau(アータウ)」。
英語で嵐雲という意味です。

次に日本の名前が出てくる予定なのは台風23号で「コップ」です。
(コップは日本語なのか、というのは置いといて・・・)

スポンサードリンク

 - 季節 , , ,