日焼け止めに使用期限はある?古いのを使うとどうなる?

   

そろそろ紫外線が気になる季節ですね。

紫外線対策、してますか?

紫外線対策としては、いろいろありますが、
日焼け止めは定番ですよね。

ただ、この日焼け止め。
ずいぶん昔に買ったやつを使ってたりしませんか?

去年のが余ってるからそのまま使ってる、とか、
中には何年前のかわかんない、
みたいなことありませんか?

そういや日焼け止めに使用期限ってあるのかな・・・。
という方。

日焼け止めにも使用期限はあるんです。

使用期限があるならどれくらいなのか、
その辺についてご紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


日焼け止めの使用期限

日焼け止めの使用期限は日焼け止めのタイプによって若干違います

それも未開封のものと開封したものでも変わってきます。
(未開封でも使用期限はあるんです)

・乳液・ジェルタイプの日焼け止め
いろいろなメーカーがありますが、ほぼ同じで
未開封のもので3年
開封したものは1年以内
となっています。

・エアゾールタイプ
エアゾールタイプの日焼け止めは、
未開封でも開封したものでも同じで、
製造日から3年間です。
(ただし、正しく保管することが前提です)

・無添加のもの
防腐剤や殺菌剤を含まない無添加の日焼け止めは、
使用期限が短くなります。

スポンサードリンク

未開封のもので1年以内
開封したものは6ヶ月以内
です。

使用期限が1年以内、となっているものは、
去年のものは使えない、ということになります。

使用期限がある原因は?

そもそも使用期限がある原因は何なのでしょうか?

日焼け止めのタイプによって使用期限が変わりますが、
使用期限の原因は日焼け止めのベース(乳液など)にあります。

化粧品もそうなのですが、乳液には防腐剤が入っています。
使用期限はこの防腐剤がどれだけ持つか、ということです。

開封すると、雑菌などが入るので防腐剤の効果が減ります。
防腐剤が入っていない無添加のものはその分使用期限が短い、
ということですね。

エアゾールタイプのものは空気に触れないので、
雑菌などが入りにくいため使用期限が長くなっています。

使用期限切れの日焼け止めを使うとどうなる?

使用期限切れてるけど、捨てるのもったいないから使っちゃえ!
・・・という気持ちは分かりますが、
これ、使うとどういう問題があるのでしょうか?

まず、日焼け止めの効果が期待できなくなります。
そして使用期限切れの日焼け止めは酸化している場合が多いので、
肌の状態によっては肌荒れの原因になることもあります。

分離していたり変な臭いがする場合は使わず捨ててしまいましょう。

スポンサードリンク

 - 季節 ,