ワンちゃんの暑さ対策の方法は?室内と屋外のおすすめ対策について

   

ペットでを飼っている方も多いと思います。

ワンちゃんはかわいいので、ペットでも人気ですよね。

ただ、心配になるのが夏の暑さ。
梅雨ぐらいから湿度も高く気温も高いので、人間でもバテてしまいますが、
ワンちゃんには人間のように汗腺がないので体温調節ができないんですね。

そこで、かわいいワンちゃんのためにできる暑さ対策について紹介します。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 丁寧な暮らしへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 掃除・洗濯へ


室内での暑さ対策は?

うちは室内犬だから大丈夫、と思っている方もいるかもしれませんが、
室内でも暑さ対策は必要です。

まず犬は平熱が人間より高いので、暑い季節は熱中症になることもあります。
だからちゃんとケアしてあげましょう。

飲み水をきちんと与える

ワンちゃんは汗をかいて体温調節ができないので、
体温調節は水分補給などで行おうとします。

そのため、夏場などはこまめの水分補給ができるように、
水の置き場所を複数用意してあげましょう。

ただ、夏場は水がすぐに温まってしまうため、
直射日光が当たるところなど、暑い場所は避けてください

ケージに入れている場合でも、普段より多めに水を用意してあげます。
また、ケージの場所も日光が当たらない涼しい場所にしましょう。

日陰をつくり風通しをよくする

これは人間の場合も同じですが、日が当たる場所に長時間いると、ワンちゃんもバテてしまいます。

日が当たる場所はカーテンを閉めて直射日光を当たらなくしたり、すだれなどを利用するのもいいでしょう。
また、換気をするなど、風通しをよくしておくようにしましょう。

エアコンの設定温度の調整

室内の暑さ対策としてはエアコンも有効ですが、
エアコンの冷気は床にたまりやすい傾向があります。

人間にとってはちょうどよくても、床の上にいるワンちゃんだと、
冷えすぎになることがあります。

少し暑いかな?と思うぐらいがワンちゃんにとっては適温になっています。

スポンサードリンク

屋外での暑さ対策は?

暑い時期は、屋外での散歩のときにも注意が必要です。

夏場のアスファルトの温度は50〜60度にもなることがあります。
ワンちゃんは地面から近いため気温もかなり高くなっています。

まずは、散歩する時間を工夫しましょう。
できれば日差しが弱い早朝や夕暮れ時がおすすめです。

どうしても日中にしか散歩ができない、という場合は、
ペットボトルを凍らせたものなどを用意して、暑さ対策をしてください。

暑くてぐったりしていたら、早めに散歩を切り上げたほうがいいでしょう。

ワンちゃんが熱中症になると、呼吸が大きく乱れ、荒い息を繰り返します。
また、その場でぐったりしてしまうこともあります。

また、目が充血したり舌の色が赤黒くなったりすることがありますので、
こういった症状があれば、すぐに日陰などの風通しのいいところで体を冷やしてあげましょう。

症状が治らない場合は病院につれていってあげてください。

まとめ

ワンちゃん向けの暑さ対策グッズも販売されているので、
こういったものを利用するのもいいですね。

ワンちゃんは普通の冷却シートは嫌がることが多いのですが、
嫌がらない冷気グッズもあるようです。

スポンサードリンク

 - 悩み , ,